2017年3月23日(木)
鴨川の始点と終点、始点より上流は賀茂川である

鴨川はここで桂川に合流して消滅
 鳥羽街道に並行する桂川左岸の堤防道路を歩いていたら鴨川との合流点を示す看板が立っていた。ここから上鳥羽までしばらく鴨川沿いに歩く。街道は鳥羽伏見の戦いの勃発地に架かる橋を渡って右岸へ移り、やがて鴨川と離れていく。
 鴨川の終点は桂川との合流点だが、始点は約10キロ上流の出町柳駅の西にある。そこが賀茂川と高野川の合流点で下流が鴨川になる。去年0.0Kmのキロポストがあるのを見つけた。それより上流は同じカモガワでも賀茂川と書く。こんなことを初めて知った。
 ちなみに合流点近くにある神社が下鴨神社(賀茂御祖神社)で、上流の賀茂川沿いにあるのが上賀茂神社(賀茂別雷神社)である。川の正式名称に合わせているわけだが、これも今気がついた。地図によっては上流部も鴨川と表示しているが正確には賀茂川である。

賀茂川はここから鴨川と名を変える
2017年3月21日(火)
淀が起点の千本通りは鳥羽街道と重複している

千本通りも淀付近では旧街道の趣き
 淀駅へ行ったのは街道歩きが目的でここが千本通り(鳥羽街道)の起点だったから。実は京都の町筋歩きをしてみようと思いたち一番長い通りを探したらそれが千本通りだった。
 千本通りは淀の駅前から北区鷹峯まで北上し直線距離で17キロもある。九条の羅城門(羅生門)跡までは鳥羽街道と重複、その先の梅小路公園で少し分断されるが再び千本通りとして西陣を経て鷹峯の源光庵に突き当たって終わる。
 羅城門から北は平安時代の朱雀大路で京の中央大通りだった。京都の町筋歩きの手始めとしてはうってつけである。
 それにしても淀の街を抜けてからは桂川の土手に沿って延々と続く街道そのもので、これが京の千本通りといわれてもピンと来ない。鳥羽街道という表現がピッタリである。(3/17)

桂川沿いは鳥羽街道の名が似つかわしい
2017年3月20日(月)
たまたま訪れた淀の河津桜が満開だった

これから有名になるのか、淀の河津桜
 京阪の淀駅から5分ほど歩いた住宅地に河津桜の並木があってちょうど満開だった。近年整備された水路に沿って200本ほどの桜が植えられている。 淀の河津桜として有名になりつつあるらしいが知らなかった。町おこしで10年ほど前に植えた木ということでまだ若い。そのぶん花に勢いがあって枝にぎっしり咲く様子はまるで満開時のソメイヨシノのよう。
 花はピンクが少し濃い。山桜より花が大きく葉があまり目立たないので華やかである。大島桜と緋寒桜の交雑種で3月上旬が見頃らしいが、開花期間が1カ月もあるので中旬を過ぎてもまったく散っていない。1週間で散ってしまうソメイヨシノより断然いい。伊豆の河津桜のことは知っていたが、これほど見応えがある桜とは思わなかった。(3/17)

ソメイヨシノのようにぎっしり花がつく
2017年3月16日(木)
神戸の模型運転会で気になったミニレイアウト

N氏のHOセクションは完成度が高い
 神戸の元町で年に3回開催されているナローゲージモデルの運転会。今回は東京、岡山、三重からの参加者もあっていつもより多い20人が集まった。不肖仙人はこのところ完全に手が止っていて、持って行く作品がなかったので刺激だけ受けて帰って来た。
 今回Nさんが持ちこんだのは2尺×3尺の小セクションで少しバタ臭い南欧風の海岸風景。建物の看板を覗きこむと日本語でアマルベイ(阿丸湾)と書かれている。Nさんによればイタリアのアマルフィに似た町が岡山の牛窓あたりにあったという想定で作ったのだとか。極めて緻密で完成度が高いが制作期間はわずか半年足らずだったとか。
 もう一つはSさんが東京から持ってきたもので、A3サイズほどの超ミニレイアウト。沼尻のガソがゆっくりゆっくり周っていた。(3/12)

東京から参加のS氏のミニレイアウト
2017年3月14日(火)
こんな所に日本最初のコンクリート橋があった
 琵琶湖疏水は古い水路だからそこに架かる橋も古い。第3トンネルの手前にある小さな橋は日本最古のコンクリート橋だそうで、たもとに小さな石碑が立っている。向こう岸には橋と不釣り合いなほど立派な記念碑があって「本邦最初鐵筋混擬土橋」と刻まれている。
 おおげさな記念碑の割にはしょぼい橋で、まるで田圃の用水路に架かる小橋だ。当時鉄筋が入手できずトロッコ軌道のレールを鉄筋の代わりに使ったとか。それがガチガチに補強してあり頑丈な手摺も付いている。橋を渡っても行き止まりで記念碑が立つだけ。こんなことなら通行止めにして当時の外観をそのまま見せてくれればいいのに。(3/3)
2017年3月10日(金)
久しぶりに浜大津で路上を走る京阪電車を見た

京都地下鉄と直通運転の4両編成
 疏水ハイクの下見はまず大津の取水口から。そこは京阪電車石坂線の三井寺駅のすぐ近く。JRの大津駅から浜大津へ向かって歩いていると京都地下鉄から直通でやって来た4両編成の電車と行き違った。長さ16メートルの小型電車とはいえ道路上を4連でゴロゴロやって来る様はなかなか壮観である。
 浜大津から先は坂本へ向かう電車が走る道路を歩く。ここでもSカーブをやって来る2連の電車に出会った。比叡山へも最近はJR湖西線を使うことが多く、京阪石坂線には20年以上も乗っていない。
 電車はかなり頻繁にやって来るし、浜大津駅付近の路上で一度じっくりと写真を撮ってみたい。京都三条から4連の電車に乗ってここまで来て、石山と坂本を往復したあと浜大津でゆったりとした時間を過ごすのも悪くない。(3/3)

浜大津の路上を走る石坂線の電車
2017年3月8日(水)
グラシン紙のネガ収納ホルダーを取り寄せた

グラシン紙ホルダーと専用バインダー
 一ヵ月前に古いネガフィルムを樹脂フィルム製のネガホルダーに入れておいたらベタベタになってきたと書いた。昔あったパラフィン紙のような紙製のホルダーも今は入手出来ないと嘆いたらある人がメールをくれた。
 あれはグラシン紙といって通気性のある紙で、今も特別に作っている会社があるという。コスモスという写真用品メーカーの特注品でヨドバシが扱っていることが分かった。詳しくはココ。ただし在庫は新宿本店のみで他は取寄せになる。
 さっそく梅田ヨドバシで取寄せたが100枚で5,100円とそこそこのお値段。専用バインダーもあって1,030円。興味のある人のため品番を付記すると35ネガポジスリーブGSF-35-100と、ホック式バインダーQB-3-BL。通販でも取扱っている。

ネガホルダーは6コマ7段
2017年3月6日(月)
琵琶湖疏水トンネルの大津入口と蹴上出口

 第1トンネル入口、桜の花がない季節の方が良く見える。
 会社のOB会の春のハイキングは桜満開の頃に琵琶湖疏水の道を歩くことにした。大津の取水口から京都の蹴上まで途中いくつかのトンネルを挟んで約10キロ、水路に沿って桜並木が続いている。
 花が咲くのは1ヶ月先だが寒空の下を幹事5人でコースの下見に出かけた。4カ所あるトンネルの出入口はすべて伊藤博文ら明治の著名人による扁額を掲げた立派な石造ポータルになっていて、竣工当時の意気込みが今も残っている。
 疏水といいながらなぜか水路に水がほとんど流れていない。水をせき止めて改修工事中のようにも見えた。国土地図をよく見ると、全区間を並行して地下水路が通っているので支障はないらしい。最近疏水トンネルの中を運行する観光船が出来たというがどの区間を通るのか、乗下船場らしき場所がまったく見当たらない。(3/3)

第3トンネル(4つ目)の蹴上出口
2017年3月3日(金)
四条大宮にある老舗果物屋のフルーツサンド

フルーツパーラーも併設している
 京都の四条大宮には餃子の王将があってハイキング帰りにときどき立寄る。その交差点の少し東にフルーツサンドで有名な店があるらしいことは知っていたが特に食指が動いたことはない。
 それがこの間もテレビで採りあげていたので京都府庁の帰りに寄った。ヤオイソという小振りな果物屋が奥のショーケースにフルーツサンドを並べている。
 いつも行列が出来ているということだったが、店内に先客が数人いるだけで商品もたっぷり並んでいる。ミックスサンドに「初めての人はこれ」というポップが付いていたので迷わず2個購入、ワンパック780円だったか。
 確かに美味いがこれが絶品の味なのか、フルーツサンドなるものをあまり食したことがないので基準がよく分からない。今度は1,080円のイチゴだけのサンドを買ってみてもいい。(2/18)
2017年3月2日(木)
メルヘンチックなグァムのガラス張りのチャペル
 今回のグァム旅行の目的は次男の結婚式。ホテルの敷地内にあるメルヘンチックなチャペルで、双方の両親と兄弟だけが出席するささやかな挙式だった。前の週は雨が続いたらしいが幸いなことに絵にかいたようなグァム日和になった。
 チャペル内部はブライダル仕様のガラス張りで祭壇?のバックにはブルーハワイならぬブルーグァムの世界が広がっている。なぜか突然桜田淳子の「来て、来て、サンタモーニカ」を連想した。そのことを口にしたら知っているのはカミさんだけだった。
 当人たちが自分で企画した挙式で、それに従っただけ。こんなことでもなければグァム島へ行くこともなかっただろうし、海外挙式とも無縁の仙人である。(2/25)
2017年3月1日(水)
絶対に開けてはいけない怪しいメールが届いた
 話には聞いていたが仙人にもこんなメールが届いた。何の異常もないパソコンに対策をするといって費用請求する手口があると聞いたことがある。マイクロソフトセキュリティーチームを名乗っていながらアドレスがsakai@akiraというのに笑ってしまう。ちょっと不自然な日本語でもありひょっとすると外国人の仕業かもしれない。
2017年2月24日(金)
カミさんと初めての海外旅行でグアムへ

グアムとはいえ初めてのアメリカ旅行

 カミさんの干支は猫かと思うほど家にいるのが一番、ということで滅多に旅行に出ることはない。そんなカミさんと海外旅行に出かけることになった。すでに新婚生活を始めている次男がグアムで挙式するとあっては行かざるを得ない。
 渋々かと思いきや早々にガイドブックを買ってきて、何カ月も前からルンルンで準備にいそしんできた。海外経験が30回以上の亭主もまったく信用できないらしく情報を仕入れるのに躍起である。
 彼女の目下の最大関心事はホテルやレストランで渡すチップのこと。こればっかりはいくら聞かれても答えようがない。ドアボーイやポーターがいるようなホテルには一度も泊ったことがないし、チップの必要な高級レストランで食事をしたこともない。3泊4日のグアム旅行から帰宅するのは27日の夜。


成田発の息子たちとは別に関空から向かう
2017年2月23日(木)
京都三条通りのイノダでサンドイッチを食べる

三条通りのイノダコーヒー支店
 京都府庁へ行った日の昼食はイノダコーヒーにした。テレビでここのエッグサンドを取り上げていたのを思い出したからである。堺町通りにある本店へ行くことが多いが、この日は三条通りの支店にした。京町屋を改装したクラシックな本店とは100メートルも離れていない。
 さっそくエッグサンドを注文したら無いという、なぜか三条店だけが扱っていない。それならと席を立って本店へ行くほど偏屈ではないので、あっさりミックスサンドを注文した。エッグも入っているのになぜかエッグサンドは出さない。
 ここのコーヒーは大きなマグカップに始めからクリームと砂糖が入っているのが基本。以前は今時珍しい角砂糖がスプーンに載っていたように思う。それにしても小ぶりの皿いっぱいのサンドイッチが仙人には少しばかり多過ぎる。

京都でコーヒーといえばイノダ
2017年2月22日(水)
重要文化財の京都府庁旧館の議場で市電の話を聞く

明治37年築の京都府庁旧本館
 京都府庁の旧本館は重要文化財に指定されているが、今も現役庁舎として一部の部屋が事務室として使われている。
 数年前にリニューアルされ正庁と呼ぶ大広間、旧知事室、旧議場が昔のままに復元された。旧議場を使って土曜講座というのが開かれていて、その中に京都市電というのがあったので行ってみた。
 通常の議場見学は室内を覗くだけだがこの日は議員席に着席して議長席の講師の話を聞く。半円形に配置された議員席は60で、議員定数が変わっていないので新しい議場の座席数も同じ。
 ということで講座の定員も60名、ほかにパイプ椅子がいくつか用意され参加者は80名ほどだった。講師は最近市電に興味を持ったという中年女性で、期待もしていなかったが特に目新しい内容はなかった。(2/18)

現存する日本で最古の議会場だという
2017年2月21日(火)
近くの市民会館で懐メロ歌謡コンサートがあったので

近隣住民だけに配られた新聞チラシ
 駅の向こうに出来た市立文化芸術センターで橋幸夫がメインの歌謡コンサートがあるというので行った。懐メロ歌謡は嫌いではないがカネを払って見たいと思ったことは一度もない。
 主催者が空席があるのは不味いと判断したのか、格安でチケットを販売するという折り込みチラシが新聞に入って来た、近隣住民だけに配布したらしい。半額以下の3000円だというのでそれならと行ってみる気になった。先月加山雄三が来たときはそんなチラシは届かずまともな料金を支払った。
 橋幸夫のほか五月みどり、水前寺清子ら今も元気な熟年歌手が6人やって来た。観客も仙人と同年輩の爺さん婆さんばかりで広いホールは満席だった。またこんなチラシが入ってきたら、ふらっと行くのも悪くない。(2/17)

橋幸夫73歳、五月みどり77歳
2017年2月20日(月)
ついにデパ地下もクローズした梅田の三越伊勢丹

気がついたら三越伊勢丹は地下も閉店
 大阪三越伊勢丹のデパ地下が廃止になるという新聞記事を見て、今のうちにと出かけたら既にクローズしているではないか。お目当てはフードホールにある銀座天一の天丼コーナーだった。ここの小海老のかき揚丼は1000円少々で食べられる絶品で昼時に何度も立ち寄った。
 三越伊勢丹は5年前に閉鎖したがデパ地下だけは営業を続けた。地上階がルクアイーレに変身したものの、やはりというか地下食品街もダメだったらしく、残るのは上層階にあるレストランフロアだけになった。
 天一だけでなく吉兆や紫野和久伝の売店も、行列が出来ていた高級チョコのジャンポールエヴァンの店も消えてしまった。どこか近くへ移転したという訳でもなさそうだし、梅田いや大阪から消えてしまった。(2/16)
2017年2月17日(金)
初めて信託銀行の資産運用セミナーに行ってみた

参加者は約80名、結構な人数が集まる
 ある銀行からセミナーお誘いの電話がかかってきた。わずかばかり投資信託に付き合っているが、これまでこの手の勧誘はすべて断ってきた。今回はトランプショック後の市場環境がテーマだというので、初めて出かけてみる気になった。
 銀行と同じビルの貸会議室に行ったら、仙人のように大した金もないくせに欲の皮の突っ張った高齢者ばかりが80人ほど集まっていた。
 始めに支店長が今後の経済情勢について30分ばかり話したあと、投信会社の女性が4本の投資信託商品について説明、これが1時間。あからさまな勧誘こそなかったが、もっとテーマに沿った金融市場環境について聞きたかった。セミナーというよりまるで商品説明会。これなら日経新聞をじっくり読んでいる方がマシだ。(2/15)

セミナーといってもメインは商品説明
2017年2月16日(木)
郵便局の風景印に押捺用の台紙があるとは知らなかった

 風景日付印台紙の表紙。横の葉書は偶々ある人から届いた同風景印の消印付き。
 北海道釧路の郵便局が昔の簡易軌道を図柄にした風景日付印(消印)を用意した。新富士といって軌道の起点だった場所にある新富士郵便局である。
 博物館の展示会をきっかけに企画されたものだが、その押捺用台紙に不肖夢遊仙人の古い写真が採用された。表紙中央の気動車(自走客車という)である。
 風景印を収集する趣味はないが関心はあって、伊豆の利島にある郵便局で押してもらったことがある。この時は手帳に切手を貼って捺印してもらったが、収集者向けに台紙が用意されているとは知らなかった。郵便局が52円の切手1枚売るのにこんな台紙を用意していては割が合わないだろう。
 利島村の郵便局ではまず管理簿に記入してから日付を合わせて試し印を押す。その後ほんの少しだけ切手にかかるよう慎重に捺印するので、一連の作業を終えるのに15分くらいかかった。

風景印収集用台紙の押捺面
2017年2月15日(水)
今月の中山歩きは気合を入れて連山を縦走

伊丹空港の滑走路が2本見える
 毎月歩くことにしている中山連山歩き、このところ不精してショートカットすることが多い。これではいけないと少し気合いを入れて山本から中山まで縦走することにした。お天気は悪くなかったが近場の低山とはいえ標高500メートル、尾根道では雪が舞い数日前の雪がまだ残っていた。
 このルートを毎月歩くようになって18年、初めの頃は歩くたびにタイムトライアルを試みて3時間を切っていた。最近は時間を気にしないことにしているので4時間はかかる。
 おまけに山道でも時々腰に電気が走ったりすることがあって少し自信を無くした。それが今回は何ともなかった、どうやらぎっくり腰と同じ一過性だったようでホッとしている。(2/13)

尾根道には雪が残っている
2017年2月14日(火)
今年2回目の雪化粧をした週末の箕面滝道
 週末の箕面滝道ウオーク、雪の予報だったので明るくなってから歩こうと少し遅めに出た。駅付近に雪はなく滝に近くなってからようやく雪化粧に変わった。
 既に雪はやんでいたが気温が低く、こめかみが少し痛い。仙台在住時代を思い出す冷気。路面が凍っていて滑りやすい。アスファルト舗装の隙間に入った雪が氷になってつるつるで下り道が歩きにくい。ときどきつるっと靴底が滑る。
 ところで、滝道には公衆トイレが7か所ありほとんどが多目的ブースを備えた立派なもの。中には休憩ベンチを備えたトイレもあり、清掃も行き届いている。
 昔は公園のトイレといえば落書だらけの汚いものだったが、いつ頃からかどこも見違えるように綺麗になった。中国人もびっくりである。(2/11)

レストハウスのような箕面滝道のトイレ
2017年2月13日(月)
まるで伊勢神宮のような蹴上の日向大神宮

日向大神宮、手前にあるのが外宮
 インクラインの上部船溜まりから大文字山へ続く道を少し入ると日向(ひむかい)大神宮という神社がある。ここを訪れるのは初めてだが、まるで京都らしくない古風な神社で、屋根に鰹木が並ぶ様子はまるで伊勢神宮のよう。
 やはり京のお伊勢さんと言われているそうだが納得。御祭神は伊勢と同じ天照大神。手前が外宮で奥の一段高い位置にあるのが内宮である。境内に伊勢神宮遥拝所や天ノ岩戸があるのはまだしも春日神社、戸隠神社、厳島神社、多賀神社はては稲荷神社まである賑々しさ。
 大神宮と大層な名前を名乗っているが昔の社格は村社だというから大したことはない。要するに村の鎮守様なみだが、どういう決まりなのかよく分からない。観光客が押し寄せる蹴上界隈からわずか10分ほど、静かでいい雰囲気の神社だが訪れる人は少なそうだ。

奥の一段高い所にある内宮
2017年2月10日(金)
蹴上のインクラインがナローの線路に見えてしまう
 琵琶湖疏水の京都方にあるインクライン。下の船溜まりから蹴上まで舟を牽上げるためのトロッコ鉄道というかケーブルカーである。昔からこんな風だった?というほど見事に整備されていて桜並木の線路敷きを歩くこともできる。
 その線路は超広軌の複線で舟を載せた台車も復元されている。軌間がめっぽう広いのに上下線の間隔が狭いので、真ん中に立つと軽便鉄道オタクの目にはこれがナローの線路に見えてしまう。ゲージは2フィートほどだろうか。
 2本のレールがまったくの等間隔で、舟を載せた台車の後方に見えるカーブでもぴったりと揃っている。かなりの急勾配だがこうなったら何かを走らせてみたくなる。(2/7)
2017年2月9日(木)
同じ千枚漬でも食感が全然違う村上重の千枚漬
 京の千枚漬は今が旬。千枚漬といえば大安が有名だが、ある人に河原町の村上重本店の千枚漬が絶品と聞いて行ってみる気になった。店は四条通からちょっと南に入った突き当たり。風格のある古風な漬物屋の店頭で袋入りを一つ買った。
 開けてみればスライスしたかぶら漬けが7枚だけ、大きく分厚い昆布で巻くようにしてあった。これで1,000円である。あっという間に無くなりそう。
 昆布が多いせいかねばねばのかぶら漬け。味はマイルドで酸味も塩分も控えめ。これならサラダ感覚で一度に3〜4枚は食べてしまいそうだ。この味に慣れると他所のは漬かりすぎということか。個人的にはもう少しきりっとした酸味があってもよかった。一緒に買ったしば漬は仙人好みの酸味だった。
2017年2月8日(水)
斬新な食感が評判の十三駅ホームのポテそば

十三駅ホームの阪急そば若菜
 阪急十三駅ホームの立ち食いそばは関西私鉄で最初にできたホームそば屋である。それが数年前にリニューアルして名前も阪急そば若菜と変わった。ちょっと高級感を出して全席椅子付で食券販売機も無くなった。メニューも他の駅の阪急そばとは少し違う。
 先日久しぶりに入ったらポテそばというのがあったのでさっそく注文してみた。かけそばに熱々のフライドポテトが付いていて、それをそばに載せて食べるのだが、ほこほこのポテトがなかなか行ける。と思ったらやはり評判になったらしく、今では東京にも出現(ex富士そば)しているらしい。
 知らなかったが十三駅ホームの店では去年の夏にかき氷そばという新メニューを出したとか、夏になったらこれも一度試してみたい。

フライドポテトが別盛で付いてくる
2017年2月7日(火)
今も残る阪急箕面線の線路付替えの痕跡

箕面線開通直後の桜井駅付近の様子

グーグルアースで見た桜井駅付近の現在の様子
 阪急箕面線の桜井駅付近の線路状況を明治の地形図と対比してみた。100年前には人家がほとんどなかった線路の周囲はすっかり住宅で埋まっている。それはともかくとして、昔の地図では桜井駅から東の踏切まで電車は道路に沿って走っていた。併用軌道だったという説もあるが地図では道路に並行する専用軌道のように見える。
 大正時代に踏切付近のカーブを緩和するために線路を少しずらして現在のようになったがその痕跡は今も見られる。まず、桜井駅と踏切の間の道路がかなり広いのは線路敷を取り込んで拡幅したから。ただし駅から西は昔の狭い街道のままで、今も乗用車のすれ違いがやっとである。
 衛星写真を見ると、踏切付近の道路が鉄道のように緩いカーブを描いているがこのカーブが昔の線路跡である。さらに駅の西には斜めに走る細い道が渡り線のように見えるがこれも明らかに線路跡だと分かる。
2017年2月6日(月)
ビネガーシンドロームだけでない古いネガの劣化

10年前には異常なかったネガフィルム
 50年前に撮りためたネガフィルムがひどいことになっている。半数以上がビネガーシンドロームで半円形に反ってしまい、ストロー状に丸まったのもある。
 仲間の一人が古いネガをスキャンしてくれるというので、何とかなりそうな物だけ預けることにした。さっそく悲鳴が聞こえてきて、フィルム面が化学反応を起こしてベタベタしているという。
 昔の紙のネガケースに入れてあったのは比較的良好で、気を利かせてプラシートのネガアルバムに入れ替えたのが却って良くなかったようだ。かといっていまどき紙のネガケースなど入手できない。
 ほかに10年前にスキャンした時は異常なかったのに、黒いぶつぶつができスキャンすると白い斑点になるのもある。こんなことになるならもっと大きなデータで取り込んでおくべきだった。

新たにスキャンしてみるとひどいことに
2017年2月3日(金)
明治の地図を歩く、今も原型をとどめる村の学校
 地下鉄御堂筋線(正確には北大阪急行)の桃山台駅のすぐ近くに1900年に建てられた新田村の小学校が残されている。今は周りをマンションで囲まれているが千里ニュータウンの建設が始まるまでこの辺りはのどかな田舎だった。
 明治のころは新田村といって役場は集落の中にあった。学校は地図の左下に見えるの印で村の中心に通じる道に面している。この学校も元は役場の近くにあったが、明治中期にここに移転し1973年まで現役校舎として使われていた。
 現存する大阪府最古の校舎で純和風の木造建築である。府の文化財に指定され年数回公開されるというが見に行ったことはない。古い洋風建築の校舎はあちこちで保存されているが和風の校舎が残っているのは全国的にも珍しいという。

昔の街道に面して今も残る明治の学校
2017年2月2日(木)
明治の地図を歩く、箕面駅のラケット型ループ線跡
 開通直後の阪急電車箕面駅は線路がテニスラケット型のループ(当時の写真)になっていた。こうすれば集電ポールの付替えや運転士の移動をせず折返しできるがそれだけが理由ではないらしい。
 梅田発の宝塚行きで一旦箕面へ立ち寄る電車もあったというからそれも理由の一つかもしれない。小林一三らしいパフォーマンスだったという説もある。その関連なのか箕面線を分岐する石橋駅には3方向へ通じるデルタ線があった。
 箕面駅は今も昔の線形が名残をとどめていて、駅へ進入する手前から線路が微妙に左右へカーブしている。ループ線がロータリーのある駅前広場を一周していたことも分かる。こうして新旧2枚の地図を見比べると、明治の地図に載っている道が改修されながらもすべて現存しているのにあらためて驚かされる。

今も線路が微妙なカーブを描いている
2017年2月1日(水)
ヘップナビオの階段で見つけたアンモナイトの化石
 梅田のヘップナビオの地下へ下りる階段で足元を見たら大きな渦巻があるのに気がついた。この形はアンモナイトの化石に違いない、旨い具合に縦に真っ二つに切った断面が表面に出ている。
 古いデパートの壁で化石を見かけることがあると聞いたことはあるが、梅田の比較的新しいビル(といっても建て替わったのは1980年だった)の階段に埋まっているとは思わなかった。
 ちょっとネットで調べたらすぐに見つかった。大きくて目立つので知る人ぞ知る存在のようだ。この階段はイタリア産の赤大理石で、床面にもまだ何ヵ所か大きいのがあるらしい。梅田界隈だけでも化石を発見できるビルは他にいくつもあるという。
2017年1月31日(火)
キリシタン弾圧ものの映画「沈黙-サイレンス」を見る

阪急メンズ館にある東宝シネマズ梅田
 最近キリシタンものに嵌まっていて遠藤周作の小説を文庫本で何冊か読んだ。感動的だった一冊が沈黙で、それが映画化されたのでさっそく見に行った。日本で棄教したという噂がある宣教師を探しにやって来た後輩宣教師がやがて自分も棄教してしまうというストーリー。
 フランシスコ・ザビエルに繋がるイエズス会の宣教師が主人公で、非信者ながらイエズス会系の中等教育を受けた身としては大いに関心がある。
 アメリカ映画だからやむを得ないが、ポルトガル人が日本の百姓や役人と英語で会話するのは苦笑するしかない。とはいえ映画としては見応え十分。2時間40分という長編にもかかわらず、珍しく一度も眠くならなかった。タイトルは宣教師や信者がどんなに苦しんでも神は沈黙を守るだけという意味だった。(1/26)
2017年1月30日(月)
明治の地図を歩く、役場の隣には必ず学校があった

村役場の隣に学校の記号がある
 わが家から東へ10分も歩くと隣村の役場、中豊島村役場だった所である。現地へ行ってみると能勢街道とその新道(国道176号線)が斜めに交わる交差点の角だった。三角形の土地に公民館が建っている、これが村役場の跡に違いない。
 すぐ隣は中学校で昔の地図にものマークが見えるが、明治の頃は村立の尋常小学校だったのだろう。下の写真で旧道は手前から国道を斜めに横断し、役場跡の公民館をかすめるように左へ緩くカーブしている。
 明治の地図であちこち近隣の役場を探すと、どの村にも隣か道を挟んだ向かいに学校がある。まるで約束ごとのようにワンセットになっている。それを現在の地図で確認すると学校は残っていても役場の土地はほとんど学校に呑み込まれてしまっている。ここのように公民館として現存しているのは珍しい。

中央が公民館で右隣りの繁みが中学校
2017年1月27日(金)
明治の地図を歩く、路地のような狭い道にあった村役場

印が明治時代の村役場
 明治43年の地形図を見ながらの近隣歩き。自宅から数分のところに村役場の記号がある。いつも通る道路からT字路の狭い道を入った地点だが、現在どうなっているのか興味津々で行ってみた。
 あった、役場跡と思しき場所に今も残るのは消防器具庫を併設した公民館。ここが100年前に南豊島村の村役場があった場所に違いない。
 地方自治体とは用済みになった土地も簡単には手放さないものらしい。旧役場を公民館にしたのはいいが、表通りに移転することは考えないらしく、100年経つのに元の場所のままだ。
 当時の村はずいぶん狭かった。1キロ足らず東には中豊島村の役場の○印がある。北へ1キロ行けば豊中村の役場があった。地図上の役場の跡をチェックしてみるのも面白そうだ。


狭い路地に面して公民館と消防器具庫が
2017年1月26日(木)
定点観測、今も空地が残る京都市電稲荷電停の跡

京都市電の稲荷終点、I氏提供
 稲荷山ハイキングのついでに、その昔市電の終点停留所があったという場所を見に行った。なんと線路跡が今もそのまま細長い児童公園として残っている。神社の参詣道路に接して電停があったあたりには公衆トイレやベンチがあり、観光客向けの休憩スポットになっている。
 反対方向は京阪電車との平面交差があった所から先は、複線の専用軌道だった線路跡がそのまま道路になった。中書島へ向かう伏見線から分岐する約700メートル弱が稲荷線で京都市電唯一の専用軌道だったという。廃止直前に撮影された平面交差を走る動画がYou Tubeで公開されている。
 ネット情報によればこの線は京都電気鉄道という日本初の路面電車の支線だったが、大正7年に本線とともに京都市に買収され市電になった。その後昭和45年に伏見線と同時に廃止された。(1/21)

上と同じ地点の定点観測撮影
2017年1月25日(水)
スズメの丸焼きが名物だった伏見稲荷の門前町

秀吉が命名したという祢ざめ家

 稲荷山を一周したあと門前町で新年の祝杯を挙げることにした。選んだのは交差点角にある祢ざめ家。秀吉が命名したという1540年創業の古い店である。
 伏見稲荷は昔からスズメの丸焼きが名物だったというが、現在では材料調達が困難という理由で扱っている店は2軒しかないらしい。祢ざめ家の品書きにもスズメはなく、代わりにウズラの丸焼きをオーダーした。
 小さな皿で刻みキャベツに載って出てきたのはウズラを骨ごと照焼にしたもの。量は少なく半身にも足りないほど。一口サイズに切ってあるのを骨ごとバリバリ食べることになる。
 スズメとは違うようで骨が固く簡単には噛めない。その割に身はほとんど付いていない。話のタネにというなら向いの店に入ってスズメを注文すべきだった。


ウズラの丸焼き800円也
2017年1月24日(火)
伏見の稲荷山をハイキング仲間と一周する

四辻まで来ると眼下の街が眺望できる
 ハイキング仲間との初詣登山は伏見稲荷の山を一周するミニハイキングにした。正月気分はもう抜けているが参拝者は多い。千本鳥居を抜けて四辻という所まで上がると市街地が一望できる。
 観光客の大半は四辻で引返すが鳥居の道はさらに続く。稲荷山は8の字型に尾根を巡る道が続いていて最高地点は233メートル、一周すると4キロある。鳥居は全部で1万基以上もあるらしい。
 途中に末社?が何ヵ所もあってそれぞれに茶店を兼ねた接待所が付属している。他にも小さな稲荷神社が山道に沿ってまるで墓地のように密集している。こういうのをお塚というらしい。
 どこまで続いているのか枝道も多く、いちいち寄り道しているときりがない。それにしても伏見稲荷の山は奥が深いというか、懐の深いところだ。(1/21)

稲荷山の頂上にある一ノ峰の末社
2017年1月23日(月)
明治時代の地図を片手に自宅の近所を歩く

見づらいが右の方にある青丸が撮影地点
 タブレットに取り込んだ明治43年の地形図を見ながら自宅周辺をぶらぶら歩いてみることにした。区画整理された所が多いが、昔からの集落には曲がりくねった道がそのまま残っている。
 ここは阪急電車の東側、大きな溜池は埋め立てられ今は文化芸術センターが建っている。池の南側にある堰堤は土手の道がそのまま道路になっている。その道を進むと古くからの集落で土蔵のある民家が健在である。
 この辺りが豊中台地の南端で写真の道の右(南)側は一段低くなっている。水田の地図記号が並んでいる台地の下も現在は住宅街が広がっている。
 地図の斜め右下へ緩い下り坂を行くと間もなく能勢街道に出るが、街道の面影はなく拡幅された国道176号線である。 
2017年1月20日(金)
いかりスーパーの鯖寿司がなかなかのもの

ご飯より鯖の身の方が厚い
 最近ちょっと鯖寿司にはまっていて、名店といわれる店で食べたり買って帰ったりしている。個人的な好みもあるがどれも結構な値段の割にもう一つだ。
 気に入らないのはどこで買っても鯖と飯のバランスが悪いというか飯が多すぎる。近くに鯖やという鯖寿司専門店があって最近阪急百貨店にも出店している。庄内駅前にある直売店で一度買ったことがあるがまるでお握りだった。
 むしろ気に入っているのは近所のいかりスーパーにある4切れ680円のパック詰め。有名店のわずか1切れ分の値段だが1年前はもっと安かった。
 ぶ厚い鯖の身が酢飯の上に覆いかぶさっている。下のご飯が少ないのも上品で高齢者にはぴったりだ。〆鯖の酢の具合も酢飯のわずかな甘みもなかなかだと思う。スーパー侮るなかれである。

いかりスーパーマーケット豊中店
2017年1月19日(木)
サントリーウイスキーの新ブランド知多

やっと見つけた知多の180ccボトル
 サントリーの新しいウイスキーブランドで知多というのがある。呑兵衛とは真逆の身であるが、知多には管理中の空家があり下戸でも大いに関心がある。
 酒屋に並んでいるのを見ると山崎や白州より安いがジョニ黒よりは高い。大壜はとても飲みきれないので小さいのを探したら180ccというミニボトルがあった。これくらいなら何とか消費できる。
 サントリーの醸造所があるのは知多半島といっても名古屋に隣接した北部工場地帯の一角で、とても名水の里といえるような場所ではない。
 とはいえ少し南に下がればソニーの盛田昭夫が当主だった盛田酒造があるし、半田市のミツカンも醸造メーカーである。戦前カブトビールの工場があったのも半田だと聞くし、知多半島は意外に酒どころである。
2017年1月18日(水)
建て替わった市民会館で加山雄三と森山良子を観る

市民会館が建替えで文化芸術センターに
 仙人の棲家から徒歩10分足らず、駅の反対側に市民会館がある…あった。それが建替えになり市立文化芸術センターとして今月新たにオープンした。
 最初にやって来たのは谷村新司で次が加山雄三と森山良子だった。加山雄三ならと一人で出かけた。1350席のホールは高齢者で満席だったが、カミさんはこういうのをバカにして絶対行かない。
 今もファンクラブがあるのか。舞台に近いあたりではペンライトが揺れ、ラスト3曲になると前から10列目くらいまで全員が総立ちになって手を振っていた。
 加山雄三はもう79才、森山良子は69才とか。二人ともエネルギッシュでまだまだ声量豊かなのに驚く。エレキギターをかき鳴らすさまは若大将のままで、とても後期高齢者とは思えない。(1/13)
2017年1月17日(火)
雪化粧した箕面の滝道を歩くのは2年ぶり
 大寒波と雪に見舞われた15日の朝も日曜なので箕面滝道歩きに出かけた。家をでるときに雪はなかったが電車に15分乗るだけで本格的な雪景色である。
 早朝ウオークで箕面の雪景色を見るのは2年ぶり、年に何回か雪の降ることはあっても週末しか歩かないのでなかなか遭遇しない。
 2年前は葉を落した木々の枝に雪の花が咲いたようできれいだった。今年は気温が低くて雪がサラサラなのか、ときおり頭上からサーッと落ちてきたりして、木の枝が白くなっていないのが残念。
 帰り道は降りしきる雪で帽子が真っ白になるほどだったが、箕面駅まで戻るとそれも止んでいて、自宅最寄り駅に着くころには薄日が差していた。(1/15
2017年1月16日(月)
大江戸温泉物語になり、変わってしまった箕面観光ホテル

展望エレベーターでホテルへ上がる
 箕面滝道の入口にスパーガーデン(ヘルスセンター)を併設する箕面観光ホテルがある。それが施設の老朽化で青息吐息の状態だったのを数年前に大江戸温泉物語の傘下に入り息を吹き返したらしい。
 10年以上前に長男一家と泊ったことがあるがそれ以来なので久しぶりに行ってみた。昔はいかにもホテルらしい玄関から入って広いロビーを抜けた奥にスパーガーデンがあった。その正面玄関は閉鎖されホテルへはヘルスセンターから入るしかない。垢抜けない入浴施設の一角にフロントがあるだけでホテルらしさはまったく無い。
 観光ホテルのロビーで景色を眺めながらコーヒーでも飲むつもりだったが、ホテル棟へは宿泊者しか立入り出来ない。ほかにゆっくりできるスペースもなく、展望エレベーターで戻るしかなかった。

宿泊者以外立入不可の箕面観光ホテル
2017年1月13日(金)
餃子の王将発祥地は四条大宮にある1号店

袖看板に誇らしく1号店を名乗る
 ハイキング仲間と山を歩いたあとの打上げ場所は餃子の王将が多い。どこの駅前にもあって夕方早くから営業しているし、なにより料金が安上がりである。嵐山方面を歩いたあとは四条大宮の王将をよく利用する。愛宕山から下山した後も嵐電に乗って阪急大宮へ向かった。
 ここは王将の1号店で、店の前に誇らしく「餃子の王将発祥の地」という石碑が立っている。昭和42年12月にオープンしたそうだが、社長が射殺されたという本社とはまったく別の場所である。
 その王将が芦屋にも最近出来た。芦屋のような高級住宅街に餃子の王将は似つかわしくないという理由で近隣住民の反対運動が起きたという。それに配慮してか店名をGYOZA OHSHOと変えて例の派手な看板もない。女性が一人でも入れるお洒落な雰囲気の店にしたのだとか。

四条大宮店の前に立つ王将発祥地の碑
2017年1月12日(木)
今年も雪がなかった19年目の愛宕山正月登山

水尾までのバスは9時10分発しかない。
 19年前から続けている1月の愛宕山初詣登山、数年前から毎年ハイキング仲間と一緒に歩いている。このごろちょっと屈むだけで腰に痛みが走ったりするので、マイペースで歩きたくて1人で登るつもりだったが結局4人になった。
 最近は表参道より楽な保津峡駅から歩くことが多いが、さらに楽をしようと初めて水尾集落の自治会バスを利用した。自宅を出るのが例年より1時間早くなるが徒歩50分のカットは大いに助かる。
 去年同様まったく雪のない愛宕山だった。暮に少し降っただけらしい。歩きやすくていいが雪がないと物足りない。
 水尾から往復すると総歩行時間は4時間で下山したのが午後2時。うまい具合に午後の時間帯に2本しかない帰りのバスにちょうど間に合った。心配だった腰の具合も何ともなく、電気が走るようなことは1度も無かった。(1/10)

愛宕神社の総本宮だけあって立派な神社
2017年1月11日(水)
京阪と平面交差したすぐ先にあった伏見稲荷の市電終点

 勧進橋で分岐する市電の支線が終点のすぐ手前で京阪電車と平面交差している
 京都の古い地図を見ていたら伏見稲荷の近くに京阪電鉄と京都市電の平面交差があるのに気付いた。しかも京阪とクロスしたすぐ先が市電の終点である。
 なぜこんなことになっているのか、鉄仲間の呑み会でこの話をしたら、I氏は昔そこへ行ったことがあるという。前方通過中の京阪電車の手前に市電が停まっている写真も見せてくれた。撮影地点は稲荷電停を出てすぐの所で平面交差まで100メートルもない。
 ひょっとしてと思って調べたら市電の開通が明治37年、京阪が43年。案の定市電の方が先に開通していた。京都市電としてはあとから登場したライバルに地の利を譲る筈はなく、終点を平面交差の手前に移すなどとんでもないということだったに違いない。
 近々ハイキング仲間と伏見稲荷へ行く予定がある、市電の停留所があったという跡を見てこようと思う。

京阪電車が前方を通過中、I氏提供
2017年1月10日(火)
厳重な警備の中をハルカスのヘリポートに上がる

地上300メートルのハルカス屋上
 500円でヘリポートへ上がるツアーがあるというので参加した。1回30人ずつ50分毎の実施。申込みをしてから手続きが半端じゃないのに驚いた。注意書きにサインだけでなく住所も書かされて免許証と照合。カメラ以外の所持品はすべてロッカーで保管という徹底ぶりだった。
 どんな凄いツアーかとワクワクしたが、非常口から鉄の階段を60段上がるとあっけなくヘリポート。そこで20分間周囲を眺めるだけの企画だった。係員と警備員が5人つきっきりで、なかなか気分のいい体験ではあったが、その割に厳重すぎる対応にちょっと違和感がある。
 帰宅して調べてみたらやはりというべきか、飛び降り未遂騒動があっての措置だった。参加者の一人が係員の制止を振切って柵を乗り越えたことがあり、こんな厳しい条件付きで再開が認められたということだった。

ヘリポートの柵越しにテラスの上を見る
2017年1月9日(月)
あべのハルカス美術館へ行ったついでに展望台へも
 あべのハルカス美術館で棟方志功展をやっている。その入場券を貰ったので出かけることにした。美術館があるのは16階で、展望台へ上がるゲートロビーと同じ階、というよりすぐ隣である。
 あべのハルカスは2度目だが前回気分がよかったのでもう一度上がってみた。60階のガラス張りの回廊からエスカレーターで1段降りると吹抜けのテラス。ひんやりと気持ちのいい空気の中でソフトクリームを食べる。圧迫感のある東京のスカイツリーとは大違い。土曜日のお昼前だったが来場者もそれほど多くない。
 昼食を取ろうと14階のレストランフロア(近鉄百貨店の最上階)に降りたらどの店にも行列が出来ていて、土曜日のデパートという現実空間にいきなり放り込まれた。(1/7)
2017年1月6日(金)
新年の中山登山は超手抜きの短絡コース

中山観音中山寺の山門
 1月になったので今年初めての中山歩きに出かけた。連山縦走をする気はやや失せているが、今回は不精もいいところで中山観音から奥ノ院へ直行してそのまま清荒神へ下山した。縦走コースはアップダウンが連続するのが辛い。
 超お手軽な短絡コースだがこれでも約7キロある。高低差は300メートルで、ゆっくり歩いて2時間半弱。これくらいが年齢相応になってきた、このまま定番コースになってしまいそうだ。
 まだ正月のうちなので中山観音も清荒神もお参りする人が多い。特に清荒神の参道は人の途切れることがなく、駐車場も順番待ちの車で渋滞している。
 そういえば元旦の阪急電車は早朝6時前から吊皮がふさがるほど混んでいた。ほとんどが清荒神を目指す人たちだと思われた。(1/5)

山門の手前で一礼する参拝者
2017年1月5日(木)
100年前の地形図を歩くのが楽しい古地図ぶらり

明治41年頃の自宅付近の様子
 アンドロイド系のタブレット向けかもしれないが大阪こちずぶらりというソフトがある。江戸時代から戦後まで数種類の地図が入っているが、個人的には明治41年の陸軍参謀本部の地形図が面白い。
 古地図上に現在地が表示されるのも凄いが、ワンタッチで現在の地図に切り替わる。外へ持ち出すことを想定しているようで、地形図好きにはたまらない。
 ためしに自宅周辺の地図を出してみた。民家の建てこんだ路地は明治時代からの道だと分かる。一度タブレット片手に近所をぶらぶらしてみよう。
 これは大阪限定版で、範囲は東西が尼崎〜門真、南北が千里山〜鳳である。ほかにこちずぶらりというのもある。世界主要都市(日本も)が対象だが残念ながら参謀本部の地図は入っていない。 

ワンクリックで現在の地図に変わる
2017年1月4日(水)
ド派手に変身した阪急梅田駅東側の古い長屋の街

古い木造家屋の壁面が現代アートの場?
 阪急梅田駅のすぐ東側にかつて終戦直後を思わせるような古い住宅街が広がっていた。特に物騒な場所という訳ではないが居住者以外には無縁の一角だった。
 いずれ街ぐるみ取壊されビル街になるものと思っていたが、権利関係が複雑で地上げもままならないのか、相変わらず昔のままの棟割長屋が軒を連ねている。
 一角はいつの間にか周りを梅田ロフトはじめショッピングビルに囲まれてしまった。建替えることもできないのだろう、ほとんどの長屋が模様替えしただけの飲食店や衣料品店に生まれ変わった。
 先日、ロフトの地下にある映画館へ行くのにこの前を通った。中にはお洒落なブティック風の店もあるが、大半はド派手でけばけばしく、ちょっと引いてしまうような店ばかりである。

棟割長屋すべてがド派手な飲食店に
2017年1月3日(火)
今年2回目の初詣は神戸3社参り
 新年の初詣は元旦にすませた。何回まで初詣と言えるのか知らないが神戸には3社参りというのがあって生田、湊川、長田の3神社に詣でるらしい。
 いずれも阪急神戸線とその先の神戸高速線の沿線にある。それならと思い立って正月2日、電車で神戸へ向かった。まず三宮の生田神社へ、神戸地区の定番初詣スポットとあって午前中から凄い人。
 次の長田神社はやや人出が少ない、とはいえなかなかのもの。少し戻って高速神戸駅の湊川神社へ来て驚いた。お昼過ぎになったこともあって境内の外周道路まで人が溢れかえっている。本殿の前まで進むのに30分もかかった。
 知らなかったが楠木正成を祀る湊川神社は明治天皇の詔勅で創建された新しい神社だった。建武中興で有名なだけに室町時代くらいかと思ったが平安神宮と変わらなかった。(1/2)

参拝者が境内の外まで溢れる湊川神社
2017年1月2日(月)
一年の計は元旦にありというが取りあえず箕面へ
 今年の元旦は日曜日、祝日の早朝ウオークは止めにすると宣言したばかりだが日曜日なので元旦から出動した。
 朝食後カミさんとぶらぶら歩いて近くの神社へ行ったら長い行列。列は境内を出て商店街のアーケードまで伸びている。そのまま行先変更して電車で箕面の瀧安寺へ向かった。
 本日2度目の箕面、穏やかな晴天とあって滝道を歩く人は多い。大半は大滝へ向かうはず…だったがここでも本堂前には結構な行列が出来ていた。
 一年の計は元旦にありとか、模型工作室の再開、名古屋の空家手入れ、終活に向けた身辺整理等やるべきことは山ほどある。日課にしているHPの更新にも時間を取られすぎているので少し減らしたい。1年が過ぎるのはあっという間、うかうかしてはいられない。(1/1)

瀧安寺本堂(弁天堂)も参拝者の行列
2017年1月1日(日)
初めて夫婦2人きりで迎える静かなお正月
 この正月は長男家族も次男夫婦もやって来ない。百貨店で調達した小さなおせちの重箱をつつきながら、結婚して以来初めてカミさんと2人だけの新年を迎えることになった。
 上の写真はモロッコにあるスペイン領のメリリャという町で見た地中海の日の出。去年の10月に地中海飛び地紀行という鉄分抜きのツアーに参加した時のもの。
Web雑記帳
HOME