車両工作室

尾小屋の2軸客車を2両

HOME

Oナロー車両在籍リストへ

2017年8月10日(木)
原寸大の模型化図面を描いてみた
 いま作っている客車はモデルスシマのキット加工だから図面なしでテキトーにやっている。これではいかんとキット添付の図面を修正して模型化図面を描いた。キャドには無縁の世代としてはハサミと糊と修正ペンで仕上げるしかない。こうしてなんとか仙人が現地で見た客車の図面ができた。
2017年8月9日(水)
あっという間に2つの箱になった
 キットは側板と妻板が一体になっているのを折り曲げて、妻面のデッキドアで繋ぐようになっている。後期タイプはエッチング板の裏面を使うので4枚の側板と妻板にしてから箱に組む。良くできたキットでぴしっと決まるので、どちらも簡単に正確に組める。デッキのないボデーを見ると、これもマッチ箱客車であることを実感する。
2017年8月4日(金)
2段窓の段差表現はあっさりあきらめる
 鉄板貼りの後期タイプは筋目のない裏面を使うことにしてリベットの表現はパス。2段窓の表現をどうしようか。深入りするとややこしいことになりそうであっさり諦めることに。窓桟の位置をカットして1.2×0.4の帯板を一直線に埋め込んで終わることにした。ようやく工作開始である。
2017年7月31日(月)
半世紀前に実物を採寸したときのメモ
 今も実物が保存されているのだから模型化したいと思えばいつでも採寸できるが、そんなことは夢にも思わず巻尺を持参して小松の駅で測った。そのときのメモが今も残っている。そこそこ丁寧に描いているので帰宅してから描きなおしたのだろう。なかなかサマになった軽便客車だと思うが頚城の客車と違ってこれまで模型として製品化されたことはないようだ。
2017年7月22日(金)
今も保存されている尾小屋のハフ

1961年に見たハフ2

2014年に見たハフ1
 初めて実物を見たのは50年以上も前のこと。当時でもナローの2軸客車は珍しく、頚城のハ5とともに好ましく思った。側面窓は2段になっているが牧野さんの古い写真を見ると1段である。どうせ作るなら新旧両タイプを2両並べてみたい。そう思ってキットを2組確保しておいた。
2017年7月20日(木)
エッチングキットを加工して尾小屋のハフに

尾小屋ハフ2、牧野俊介さんの写真

キットを下津井風に仕上げた前作
 7年前にモデルスシマの自由形客車キットを下津井のボギー客車ホハ1風に仕上げた。そのとき尾小屋のハフ1と比較してみたら2軸車にもかかわらず車体の大きさがほぼ同寸。窓の位置が模型にして1ミリ上がるだけで車体長は同じだった。
 いずれ尾小屋の客車に仕立てようとキットを確保したもののそのまま眠っている。そろそろ目を覚ましてやりたいと思う。