2018年2月16日(金)
何十年ぶりだろう、久しぶりに見た大きな霜柱

氷柱のように立つ霜柱、手前にも置いてみた
 このところの厳しい寒さも少し和らぎ天気も上々だったので中山歩きに出動。といっても中山寺奥之院へ直登し清荒神へ下りる究極の安直コース。
 雨上がりでもないのに奥ノ院参道の道は泥んこでぐちゃぐちゃ。登山靴の底に赤土の固まりがくっついて歩きづらい、こんなことは初めて。間もなくそれが霜柱が溶けて持ち上げた土だと分かった。
 奥ノ院まで来るとまだ立派な霜柱が残っている、指でつまんでみると優に3センチはある。水晶のようにきらきら輝いている、こんな霜柱を見るのは何十年ぶりだろう。道端の霜柱を踏みながら通った小学校以来かもしれない。
 真冬の山道をしょっちゅう歩いているのに霜柱を見なかったことの不思議。まさか気候変動のせいでもあるまいに、久しぶりに大きな霜柱を見て妙に懐かしかった。(2/14)

散らばった霜柱が水晶のように光っていた
2018年2月14日(水)
気が付いたら12年も使っているプリンター

12年前に買ったエプソンPM-G730
 いま使っているエプソンのプリンター。ゴムローラーが劣化したのかハガキ印刷だとときどき詰まるが、それ以外は全く快調で買換えを考えたこともなかった。年末には6色セットのインクを買ってしまったほどである。
 ひょっと保証書を見たら購入は何と12年前、古いという認識はあったがこれほどとは。量販店をのぞいたらスキャナー一体型の複合機ばかり。ところがコピー機能はあってもフィルムスキャンはできない。気が付いたらフィルムスキャンの時代はもう終わっていたのだ。
 幸い手元にはフィルムスキャンもできるフラットヘッドスキャナーがあって困ることはない。複合機のスキャン機能は余分である。そう思ったら店の隅に単機能プリンターがあった。値段は滅茶苦茶安く、そこそこのものでもインク2箱分より安い。すぐ買換えてもいいのだがインクがもったいない。ということでこのインクを使っている人がいれば無料で進呈したい。

6色セットの1色だけ使った純正インク
2018年2月9日(金)
久しぶりに石橋のお屋敷がんこでランチ
 がんこには京都の二条がんこ(高瀬川二条苑といって角倉了以の屋敷跡)をはじめ、お屋敷がんこが9店ある。久しぶりにその一つ池田石橋苑へ行ってみた。街道沿いの古い集落にある豪邸で、ガス設備会社の創業者の屋敷だったが会社は今も盛業中なので恐らく賃借だろう。
 3年前に行った時は窓のない土蔵の中へ案内されたが、今回は庭園に面した明るい窓際の席だった。メニューは相変わらずリーズナブルであちこちで見かける他のがんこと同じである。
 この春あたらしいお屋敷がんこが亀岡に出来るという。楽々荘という国登録有形文化財の料理旅館だが、休業中だったのを借上げる。広大な池泉回遊式の庭園もあるようなので、オープンしたら一度行ってみたい。(2/7)

庭園を眺めながらやわらぎ弁当1,296円
2018年2月8日(木)
開通した新名神の西端部分を走ってみた

新区間を通行する車両はほとんどない
 新名神高速道路が名神高槻から川西まで開通した。3月には神戸JCTまで延長開通し中国道・山陽道と直結する。この区間だけ3月になるのは工事中に起きた橋桁落下事故のためである。
 名神高槻から神戸JCTまで開通すれば、広島方面行の車はいつも渋滞する中国道の宝塚を通らなくて済む。これでようやく中国道もスムーズになるのだろうか。
 今のうちに新区間を走ってみようと新御堂筋から箕面トンネルを抜け、止々呂美ICから川西まで走ってみた。道路標識に岡山方面と表示されているのはフライング、連絡道路もなくニセ情報である。
 現在の終点である川西ICは山の中の何もない所、しいて言えば多田神社の近くか。ということで今はまだこの区間を走る車ほとんどない。後ろからくる車もいないので運転しながら悠然とカメラを構えても平気である。(2/6)

今のところここで一般道へ下ろされる
2018年2月7日(水)
気付かなかった、ダージリン客車の改造前と後

8年前の153号客車
 ちょっと調べたいことがあってダージリン鉄道の写真を引っ張り出して来た。行ったのは'15年12月だったのでもう2年以上になる、その前は'07年だった。
 2回とも蒸機列車をチャーターしたが、1回目ではなかなか魅力的な手荷物合造車が組み込まれていた。帰宅してから早速この編成を模型にしたほどである。
 2回目のときこの合造車を探したが見つからなかった。今はじめて気づいたのだが何とその同じ客車が2回目のチャーター列車にも使われていたのだ。
 荷物室は撤去されて大きな3個窓の普通客車になっている。車体標記は153号なので同じ車両であることは間違いない、探しても見つからないはずだった。
 それにしても8年のタイムラグは大きい。この客車は1968年製で当時の客室部分は小さな窓が4個だった。それが改造されて十分近代的な明るい車両になったと思ったが、驚くことにさらに大幅に改造されていた。

おなじ153号客車の改造後の姿
2018年2月6日(火)
10年ぶりに再び回り始めた道頓堀の観覧車
 道頓堀に何年も止ったままになっていた観覧車がある。ドンキホーテのビル外周に沿って回る観覧車でコテコテの大阪風、大きなえべっさんの絵の下に「動かへんて思てた?」と書いてある。
 えびすタワーというこの観覧車が登場したのは2005年だったが不備が見つかってわずか3年で営業休止(事故があったわけではない)してしまった。いつまで放置しておくのか他人事ながら気になっていたが突然再び動き始めた。
 たしか改修費用の負担をどうするかで施工業者とトラブルになり、暗礁に乗り上げたままになっていると聞いた。このところのインバウンド景気でこれ以上引き延ばすのは得策でないと考えたのだろう。ようやく改修完了めでたく10年ぶりに営業再開となった。(1/25)
2018年2月5日(月)
7回目の車検の直後にリコールで入庫

1月30日に行きつけの工場で車検完了
 わが愛車は車齢15年という大年増だがまだまだ元気。仙人の免許返上といずれが先かという年代になったが、今さら買い替えるつもりは無い。7回目の車検にしては思ったほどの整備費もかからず戻ってきたものの、思わぬ指摘を受けた。
 エアバックのリコール対策が未済なので本来なら車検を通せないと検査場で警告されたという。その日のうちに自宅近くのディーラーに電話して翌々日に入庫、作業そのものは20分ほど終わった。
 2年半前にもリコール入庫させているので今度は何事かと聞いたら、前回は助手席側のエアバックで今回は運転席側だという。なぜ同時にやらないのか不思議だが15年も前に売った車を全車追跡してダイレクトメールを出すのも大変だろう。
 前回は映画のチケット付きの催告状が届いてから行った。今回もそのうち美味しいおまけが付くかもと期待して待っていたのだが何も来なかった。(2/1)

2月1日リコールでディーラーへ入庫
2018年2月2日(金)
ホームドア設置工事中の緑地公園駅

ホームドアが開いているのに電車が
 先月の下旬、横浜へ行くのに地下鉄(正確には北大阪急行)の緑地公園駅から乗ったらホームドアの設置工事中だった。ホームの柵があるのに扉が開きっ放しで電車が入って来るのは妙な気分だ。
 地下鉄御堂筋線でホームドアがあるのは心斎橋と天王寺の2駅だけだという。混雑が激しい梅田も本町も難波も未導入で今のところ具体的な計画もないらしい。千日前線では全駅完了したというから不思議だ。
 ある人がネットに書きこんでいたのは、ホームドアの操作も車掌がしているのでドア開閉に手間取り停車時間が延びてしまう。それで運転間隔の短い御堂筋線の全駅に導入するわけにいかないと。
 心斎橋と天王寺の導入は転落事故が多かったためらしい。緑地公園駅がさほど混雑するとも思えない。ここでも転落事故が多発したのか。(1/19)

設置工事中の今しか見られない光景
2018年2月1日(木)
築地の場内市場を少し歩いてみる

ぼやぼやしていると横断できない道路
 ホテルの地の利を活かして場内市場を朝のうちに歩いてみることにした。場外市場の隣が場内市場エリア。運搬車がひっきりなしに動き回っているので道路横断さえままならない。ウロウロしている我々は全く迷惑な存在に違いない。
 広大な築地市場のうち場外市場に接した区画が一般人も立入り出来る場内市場。場内場外ともほぼ200メートル四方で、プロ向け店舗の合間に寿司屋をはじめとする飲食店がオープンしている。
 ほとんどの店が5時ごろ開店して昼過ぎには閉店する。午前7時半というのに極端な人だかりのできている店が何軒かある。超人気店なのか、ひと気がない店との差が激しい。
 朝っぱらから寿司というのもちょっと?だし、標準単価4千円ほどと朝食にしては高い。結局東京風の甘い玉子サンドを買って帰り、ホテルの部屋で食べた。(1/22)

一部の店の前だけに行列ができている
2018年1月31日(水)
あの「すしざんまい」の本店でマグロを食べる

24時間営業のすしざんまい
 東京での2泊目は築地に最近出来たJR系のビジネスホテルにした。すぐ目の前に築地場外市場が広がっている。夕食は当然そのあたりでということになる。
 目立つのがあのすしざんまい。交差点角に大きな看板があり、この界隈だけで本店を含め9店舗あるらしい。話の種にするなら本店がいい。場所は表通りから一筋入った狭い道路の角ですぐ見つかった。店内はあまり広くなく20席ほどのカウンターにテーブル席が幾つかあるだけ、あとで知ったことだがフロアは3階まである。
 回転寿司かと思ったらそうではなかった。目の前で握ってくれるが1貫100円からとリーズナブルな値段。選ぶのが面倒だったのでマグロざんまいと北海5貫にぎりを一皿ずつ取った。味の方は余り期待していなかったが中々のものだった。

マグロざんまい5貫盛、1,480円
2018年1月30日(火)
今でも違和感が、日本橋三越の天女像
 銀座シックスは年寄には場違いなようで、早々に日本橋の三越へ行ってみることにした。天女像をあらためて見たくなったからである。最上階(7階)まで吹抜けになった本館の中央にお目当ての天女像が鎮座していた。
 高さ11メートルという巨大な極彩色の木造彫刻で作者は佐藤玄々という。羽衣なのか火炎なのか光背が大きすぎて肝心な天女がどれなのか分かりづらい。まるで紅白歌合戦の水森かおりか小林幸子だ。フロアが改装中で像のすぐ下まで仮設の化粧品売場が迫っていたのが残念だった。
 天女像ができたのは昭和35年、製作開始は何と終戦直後だったというから驚き。当時の百貨店は余裕があったのだ。高校生のころ初めてこの像を見て、なぜこんなものが百貨店にあるのか違和感を持ったことを覚えている。(1/21)
2018年1月29日(月)
今年初めての雪の箕面滝道

箕面は駅前の滝道入口から白かった
 日本列島全体が凍えるほどの寒波に襲われた週末土曜日の朝、大阪でも雪が降った。といっても豊中では薄っすらと白くなる程度。それが電車で15分の箕面まで行くと真っ白だった。
 駅前ではやっと3センチくらいだったが、20分歩くと少し多くなり5センチほどになった。さすがにこの雪の中を歩く人はいつもと比べてうんと少ない。
 新雪なので歩きにくくはないが、昼間の日差しで溶けて明日の朝はツルツルに凍り付いているに違いない。日曜日の早朝歩きは止めた方がよさそうだ。よかった、これで朝ゆっくり寝られる。
 これが907回目の早朝滝道歩き、今も10月の台風被害による通行止めが続いているので行けるのは2キロ先まで。箕面大滝の雪景色はまだ見られない。(1/27)
2018年1月26日(金)
東京では初めて帝国ホテルで泊まる
 横浜の次の日は銀座シックスを見たいというカミさんのリクエストで東京へ。このところクラシックホテルづいているので無理して帝国ホテルに宿を取った。建て替わっているものの開業は明治23年で鹿鳴館と時代が重なるほど古い。
 なにか手違いでもあったのかしばらく待たされたあと「少し広めの角部屋をご用意しました」と案内されたのはリビングスペースの付いた部屋。まさかのオーバーブッキングか、いずれにせよラッキーなアップグレードだった。
 さすが日本を代表するホテル、室内はもちろんバスルームが素晴らしい。洗面室にもテレビがあり、潤沢なタオル類からアメニティグッズ、使い捨てのスリッパに至るまで贅沢そのもの。スタッフによるホスピタリティまですべてが完璧で居心地のいいホテルだった。(1/20)

アップグレードで案内された部屋
2018年1月25日(木)
横浜中華街でフカヒレの姿煮を食べる
 ホテルニューグランドで泊った日の夕食はすぐ近くの中華街にした。ここで食事をするのはほぼ10年ぶり。今はどの店も食べ放題を謳っていて普通の食堂の方が少ない。仙人世代にとって食べ放題は魅力を感じないし、なにより絶対に元が取れない。
 その中にフカヒレ専門店を名乗り、大きな電光看板を掲げる廣翔記という店があった。フカヒレ姿煮を食べたのはいつだろう、何十年も前だったかもしれない。久しぶりに食べてみたくなった。
 単品を一つとってカミさんとシェアすることにした。小(3,500円)から特大(2万円)まである、小ではあんまりだから中にした。出てきたのは大きな皿の中央に直径10センチほどの可愛い姿煮だった。特に美味というほどではないが珍味には違いない。

フカヒレ姿煮と焼きそばを2人でシェア
2018年1月24日(水)
ホテルニューグランド正面玄関の大階段
 終戦直後、コーンパイプを咥えて厚木飛行場へ降り立ったマッカーサー元帥が最初にやって来たのがこのホテル。もっともここには3日間滞在しただけで東京へ移った。
 本館の玄関を入るとすぐの所にあるのが青いカーペットが印象的な大階段。ニューグランドブルーというらしい。玄関ドアから階段までが近すぎて空間的に余裕がないのが無いのが残念だが、これは構造上のことだからやむを得ない。
 階段を上がった所がかつてのホテルロビーでフロア全体にクラシックな空間が広がっている。えらくすっきりしていると思ったら本館全体を4カ月かけてリニューアルしたばかりで、再オープンしてからまだ1年ちょっとしかたっていなかった。道理で客室でも古さを感じなかった筈だ。
2018年1月23日(火)
横浜でホテルニューグランドの本館に泊る
 去年の秋、日光、軽井沢、箱根でクラシックホテルに3連泊したが、横浜のホテルニューグランドもそんな古いホテルの一つと知った。開業は比較的新しく昭和2年であるが本館が90年前のままということででクラシックホテルの仲間に入っているらしい。
 新館には10年くらい前に一度泊ったことがあるが、それなら今度は本館に泊ってみたい。そんな矢先に横浜へ行く予定ができたので早速予約を入れた。息子たちがいる東横線と直結していて、中華街まで数分という立地も悪くない。
 客室は3階と4階の2フロアだけで、部屋の真ん前に氷川丸が見える。客室はあまり広くないが富士屋ホテルのように古めかしくなく、金谷ホテルのようにくたびれてもいない。古くても素晴らしいシティホテルだった。(1/19)
2018年1月19日(金)
近所で目にした光岡自動車のマイクロカー

堂々と駐車スペースを占める超ミニカー
 近くにあるユニクロの駐車場で気になるミニカーを見つけた。シニアカーより一回り大きい程度で冬季用の幌を付けている。近寄ってみるとMITSUOKAのロゴがあり後ろに原付(50cc)のプレートが付いている。
 気になったので早速調べてみた。光岡自動車が製造した超ミニカーで20年以上も前に製造中止になった古い車だった。遊園地のゴーカートをベースにした四輪バイクで、原付免許で乗れ雨でも濡れずヘルメットも不要。それがウリで’80年代に一時かなり流行ったらしい。
 その一方でスピードが遅くちょろちょろ車道を走るのは邪魔だと苦情が殺到、道交法改正で普通免許が必要になった。それをきっかけにブームは去り光岡自動車も製造を打ち切った。同社HPには生産終了マイクロカーとして写真が紹介されている。

乗って来たのは70代と思しき女性
2018年1月17日(水)
今年もまったく雪が無かった愛宕山初詣登山

最後の石段までアイゼンは不要だった
 '99年から毎年1月に初詣登山をしている京都の愛宕山、今回で連続20回目。ハイキング仲間と一緒に登るようになってからは8回目。日本海側の大雪の影響で雪中行軍になるかと覚悟(期待)していたが、昨年同様まったく雪がなかった。
 JR保津峡駅から自治会バスを利用するというラクな方法を知ってしまったら、もう他のルートはとれない。終点の水尾集落がすでに標高300メートルで表参道ならもう3合目に相当する。どこまでも続く急な坂道さえ我慢すれば1時間で7合目の水尾別れの休憩小屋に着く。
 そこから表参道に合流し石段が混在する道を50分で山頂(標高924)の愛宕神社。ここが全国にある愛宕神社の総本社である。社務所前の休憩所にある薪ストーブが毎年暖かく登山者を迎えてくれる。雪はなくとも軒下の寒暖計はマイナス5℃を指していた。(1/13)

嵐山から見た愛宕山、右端の山頂に神社
2018年1月15日(月)
箕面の山がきれいだった日、中山連山の雪

誰が積んだのかケルン風の石積みも
 箕面の山並がきれいだった日、中山も雪に違いないと出かけた。途中の道にはまったく雪がなく夫婦岩展望台あたりでようやく白くなった。真っ白になったのは北からの風が通り抜ける稜線へ出てからで、標高はおよそ400メートルあたりである。この日が215回目の中山だったが、正月早々ショートカットの安直コースでお茶を濁した。
 実は阪急主催のハイキングで元旦の初日の出を夫婦岩付近で迎えるという企画があった。1月の中山歩きはこれで済まそうと大晦日の晩までその気になっていたが、目が覚めたらちょうど生駒山から初日の出が上がるところだった。
 中山寺と清荒神で1月1日付の御朱印も受けられると思っていたがこれもパー。それならばと京都の八坂神社へ向かったのだが、元旦の午後のことで30人も行列を作っており諦めるしかなかった。
2018年1月12日(金)
玄関を開けたら箕面の山並が白く輝いていたので

マンションの玄関前から北を見ると箕面の山並が白く輝いている

西を見るとかなり離れている東六甲の山並もよく見える
 このところ寒い日が続いている。真冬日にこそならないものの最低気温0℃、昼間も5℃止まりである。玄関ドアを開けたら箕面の山が白く輝いていた。大気が澄んでいるのかいつも霞んでいる六甲山も今日は白くなった稜線が良く見える。それで思い立って早速今月の中山歩きに出かけることにした。案の定途中から足元が白くなり、稜線に出るころには真っ白になった。(1/11)
2018年1月10日(水)
自衛隊演習場の中を通るハイキングコース

このゲートは片方だけ閉まっている
 毎月歩いている中山連山、中山寺奥之院から数年前に開通した防災道路を歩くと自衛隊の演習場に出る。手前に安らぎ広場という園地があって、その先は演習場を通って阪急の駅に出るしかない。
 ここは伊丹に駐屯する陸上自衛隊の演習場。火器を使っての演習は無いようだがたまに軍用トラックが停まっていたりする。一度だけヘルメットを雑木の枝でカムフラージュした隊員を見かけたことがある。カメラを向けたかったがやはり憚られて遠慮した。
 園地との境にゲートはないが、なぜか住宅街の手前には3か所もゲートがあって2つは完全に閉まっている。阪急主催のハイキングでもこの道を歩かせているので、歩行者がゲートの脇を抜けて通行するのは全く問題ないようだ。それでも逆コースを辿ったら入るのを躊躇してしまうに違いない。(12/28)

道路から外れるなという意味だろう
2018年1月5日(金)
八坂神社の門前茶屋で京都のお雑煮を味わう

創業は室町時代という二軒茶屋
 八坂神社南門の横にある二軒茶屋で京風のお雑煮を食べた。ここは隣にある中村楼という料亭の和風喫茶部だが、室町時代からある茶屋がその発祥だとか。
 正月メニューにお雑煮があったのでこれをいただくことにした。やや甘めの白味噌仕立てで具は扇形に切った大根、金時人参の輪切り、小振りの里芋それにワサビがちょんと載った丸餅で、餅は一つだけだった。京都で雑煮を食べたのはこれが初めて。観光地の正月値段だから高いのは承知の上だがそれにしても一椀1,000円とは。
 もう一つ田楽豆腐が名物だというので一緒に取った。あとで知ったがここの田楽は祇園豆腐といって江戸時代初期から有名だったらしい。ちょっと味噌が変わっていると思ったが、特に感動することもなく食べてしまった。それより串3本で750円という値段に驚いた。

京風雑煮と名物田楽豆腐
2018年1月4日(木)
八坂神社の参拝は南に面した正門から入るべし

八坂神社の南門前は人が少ない。
 元旦はお天気がよかったので急に思い立って京都の八坂神社へ初詣に出かけた。正月に息子や孫たちがやって来ないのはこれが2回目。ということで初めて元旦にまともな初詣をした。
 去年は神戸三社参りをしたので今年は京都、それも一番手軽な八坂神社へ。四条通からまともに行くと大混雑すると分かっているので、南座から建仁寺の方へ回り込んで南門から入ることにした。
 途中は正月らしい風景の中を僅かな人が歩いているだけですんなり鳥居の前の道に出た。朱塗りの門をくぐれば50メートルほどで正面に本殿。祇園石段下から人ごみをかき分けて歩くのと違ってまるでスムーズだった。
 帰りは円山公園寄りに四条通りへ出たが西楼門下の石段は凄い人だった。わざわざ混雑を体験したくて行くのでなければ八坂神社は絶対南門から入るべきである。(1/1)

朱塗りの門を入ればすぐ舞殿と本殿
2018年1月3日(水)
嬉しいことに今年も頸城鉄道から年賀状が届いた

頚城自動車本社と商事部から届いた年賀状
 50年以上も前に足繁く通った頸城鉄道から今年も年賀状が届いた。といってもとっくの昔に無くなった軽便鉄道から来るはずはなく、バス会社として存続している頸城自動車からである。
 学生の頃この鉄道の魅力に嵌まり何度も写真を撮りに行った。今も折に触れ当時のことを懐かしく思い出す。その会社から本業とは何の関係もない個人に年賀状が届く、こんなに嬉しいことはない。
 この会社はルーツの鉄道をことのほか大切にしていて、企業HPではトップで紹介している。昔撮った写真を提供したことが縁で100周年の記念式典にも招待された。軽便鉄道に興味を持っただけの一個人にここまでして貰えるのは趣味人冥利に尽きる。
 同社の商事部からも賀状が来たので、お返しに一言アナウンス。100周年と80周年の記念誌を今も頒布中なので関心ある方は是非マルケー商事部へお問い合わせを。(1/1)

廃止になる前の冬の頸城鉄道
2018年1月2日(火)
ささやかな二人用おせちと正月ケーキ

今年は二人用のデパ地下おせち
 今年は誰も来ない二人きりのお正月なのでおせちも小さなものにした。一応京都のミシュラン星(一つ)の料理屋だがデパ地下でオーダーしたものだから大したことはない。その店で一度昼食を摂ったことがあるというだけの縁である。
 ところで元旦は不肖仙人の生誕記念日である。これまで記念日を忘れられることはあっても誕生ケーキが出たことなどない…ような気がする。それが今年はどういう訳か目の前にある。
 といっても阪急梅田の改札内でおせちケーキというのがあるのを偶然見つけたに過ぎない。おせちの重箱とほぼ同じ大きさで横に並べるとちょっとサマになった。銀座コージーコーナーという店だが、今まで改札口の中にこんなケーキショップがあることすら知らなかった。(12/31)

駅の改札内にあったおせちケーキ
2018年1月1日(月)
夫婦そろって穏やかな正月を迎えられる幸せ

正月らしく富士山。2年前インドダージリンからの帰り
 仙人というべきか単なる馬鹿なのか、去年は風邪の神にも見放されたようで夫婦そろって穏やかな新年を迎えることができた。今のところ二人とも足腰も元気なら目も耳も口も達者である。もっとも目は近く耳は遠く口も悪くなったようだが、老人力が付いたというのか本人はとんと自覚がない。
 ここ数年終活終活といいながら、実感がわかないこともあって無為に毎日を過ごしている。今年こそ真っ昼間からソファーでうつらうつらするのは止めて充実した老後生活を心がけたい。
Web雑記帳
HOME