2019年2月19日(火)
日本最西端の与那国島と最南端の波照間島

日本最西端の与那国島、東西約10キロ
 日本最西端の島は与那国島で東西10キロという小さな島。台湾までわずか100キロしかなく年に数回は肉眼で見えるという。最南端の島(有人島)は波照間島である。与那国島より一回り小さく石垣島の南西50キロの所にある。
 3泊4日でこの2島と石垣島、竹富島にも連れて行ってくれるツアーがあるのを見つけた。離島マニアの端くれでもある仙人としては是非行ってみたかった離島。思わず飛びついてしまった。
 ということで19日から22日までエセ海外旅行に出かける。気温は25度以上もあって、お天気はあまりよくないらしい。

日本最南端の有人島、波照間島、東西約6キロ
2019年2月15日(金)
オープンして1年、初めて宝塚北SAへ行ってみた

これを宝塚的デザインというのか
 新名神高速が高槻から神戸北まで開通して1年になる。中国道宝塚付近の渋滞が解消したようで仙人も恩恵を被っているが開通した区間を利用することはまず無い。
 そこにある宝塚北SAが西日本最大級とかでオープン直後には大混雑したらしい。そろそろ頃合いかと行ってみたら平日でもあり空いていた。上下線共用の構造は大津SAや新名神の土山SAと同じ。宝塚をイメージしたという建物は阪急宝塚駅や歌劇場を思わせる。
 確かに広い、でも何だか物足りない。宝塚的なショップはあるものの物販店は多くない。レストランは無くフードコートも大したことない。土山SAにはピザや肉まんの店がある。名阪の針SAなら本格的イタリアレストランもある。
 京阪神や宝塚の土産物もあるが大阪 神戸 宝塚は近いだけで直結しておらず、最寄りとは言い難い立地にある。地図を見ると福知山線の武田尾駅に近い。(2/8)

ヅカファン、手塚治虫ファン向けのショップも
2019年2月14日(木)
いつも行列、阪急梅田駅の「天ぷら まきの」

いつも行列が出来ている天ぷらまきの
 ダイエットに精を出す話の翌日だというのにもうグルメ。阪急梅田駅の2階改札口を出た通路にあるまきのという天ぷら屋。1年ほど前にオープンした丸亀製麺系のチェーン店である。
 開店直後に一度入ったが油が胃にもたれるようで、その後は敬遠していた。それがいつも行列で休日になると20人以上も並んでいる。気になるので再チャレンジしてみたら、油が気になるどころか意外にさっぱりしていた。
 それならと再々チャレンジ。今度は張りこんで天然海老3本の定食に玉子天も付けて税込1,717円。一品ずつ出てくれる天ぷらはアツアツのサクサク。あとで出される玉子天はご飯に載せて専用出汁をかける。半熟の黄身が溶け出してこれまた絶品、いつも行列が出来ているのも納得だった。(2/7)

まきの定食なら税込1,069円
2019年2月13日(水)
夢の68キロまであと一歩、40年間未達のダイエット
 去年6月のレバノン旅行は食事があまり合わなかったのか、帰ったら体重が2キロ近く減っていた。これに気を良くして何度も挫折しているダイエットに再挑戦することにした。
 目標は68キロである。1980年以降の健診記録を今もファイルしているが68キロを下回ったことは一度も無い。それどころか80.8キロという記録が残っている。
 今のところ69キロ近辺を前後していて目標クリアにはもう一段の努力が必要。でも無理するつもりはなく、これからも美味いもの巡りを止めるつもりもない。
 幸いにというか、最近は小食なのにあまり空腹を感じることもなくなってきたので辛くはない。ただ飲み会やOB会があるとつい食べ過ぎて翌日は確実に1キロ増えてしまう。

2019年2月11日(月)
日経新聞朝刊、五百旗頭真氏の「私の履歴書」

2月6日付日経新聞掲載の「私の履歴書」
 仙人は子供のころ神戸に住んでいて私立の中学に進学した。灘中学が徒歩圏内にあったが諸般の事情が許さず六甲学院にした。そこですぐ後ろの席にいたのが五百旗頭君だった。そんなわけで今月の「私の履歴書」は特に気になる。
 6日付の記事に出てくるネメシュ神父は中3の時のクラス担任で、ハンガリーの人だが英語を教わった。赤ら顔で「赤鬼」と呼んだが五百旗頭が言うほど激しい人ではなく仙人には優しかった。
 父親の転勤で中3の時に神奈川県にある姉妹校に転校した。同じイエズス会系の学校で、校長応接室で形ばかりの編入試験を受け、その場で入学が許可された。これはもう完全に裏口入学である。
 高2の時に何とそのネメシュ先生が転勤でやってきて再びクラス担任になった、これには驚いた。そんなこともあって特に可愛がられた…ような気がする。(2/6)

ネメシュ神父と高校生時代の仙人
2019年2月8日(金)
祇園では佐川急便の営業所もこんな風になる

祇園町の狭い通りで目にした佐川急便の店
 八坂神社から花見小路へ向かって狭い道を歩いていたら佐川急便の営業所があった。トラックの入れるような道ではないので荷扱所だろうか。暖簾と三輪自転車に祇園佐川急便と書かれている。
 佐川急便の発祥地はここではないが京都である。創業者の佐川清氏が風呂敷包みを背負って飛脚を始めたのがそのルーツ。
 実は現役のころ仕事の関係で佐川急便に出入りしていたことがある。佐川清氏は会長に退いていたがまだ元気だった。当時の本部は木造2階建ての文化住宅のような事務所で、玄関の引戸をガラガラと開けて入るような所だった。
 それが数年後には四条通の南に大きな本部ビルを建てて移転した。佐川が積極的に全国展開を進めていた頃で、その支援のために北海道から九州まで出張して周ったことを思い出す。
2019年2月7日(木)
舞妓が舞いを奉納する八坂神社の節分会
 菊乃井の昼食会を終えて帰る途中、八坂神社の前まで来るとちょうど節分の豆まきが始まるところだった。節分の前日だったが芸舞妓さんが豆まきをする。
 南楼門の石段で少し待っていると芸舞妓や地方のお姐さん20人ほどがすぐ横を通って行った。この日は宮川町が出番のようだった。
 豆まきの前に舞殿で4人の舞妓による舞いの奉納。それが見慣れた舞妓の着物ではなかった。振袖にだらりの帯ではあるが黒地に金刺繍の模様は儀式用の礼装なのか。舞いも扇子の他に巫女さんが持つ鈴を手にしての踊りだった。
 20人も来たのに舞ったのはこの4人だけで、他のきれいどころは本殿側に座って見ているだけ。そのあと全員が舞殿に上がっての豆まきが始まった。ややがっかりだったが、舞妓さんが舞いを奉納するのは八坂神社ならではのもの。それでまず良しとしよう。

4人の舞妓による舞いの奉納
2019年2月6日(水)
京都菊乃井で主人の解説を聞きながら懐石料理

いま京都で一番有名な料亭菊乃井
 今、おそらく京都で一番有名な料亭が高台寺上の菊乃井だろう。もちろんミシュランの三ツ星だが、主人の村田氏がマスコミによく登場するのも菊乃井を一層有名にしている理由に違いない。
 その菊乃井でお昼の懐石料理を楽しむというクレジットカード会社の企画があったので申し込んだ。参加者は30名で、この日は菊乃井と東京赤坂のWakiya一笑美茶楼とのコラボ料理だった。
 料理の一品ごとに2人が出てきて素材から調理法やその勘所を解説してくれる。特に村田氏はマスコミ慣れしているので話しっぷりは鮮やかなものだった。
 始めに出てくる抹茶と和菓子(塩芳軒のものと思われる椿餅)から始まって、たっぷり3時間。小食の仙人には前菜と向付までで軽く一食相当。そのあとの魚料理から先は完全に夕食の先取りで、翌朝の体重計はピッタリ1キロ増えていた。(2/2)

菊乃井主人の村田氏(左)と中華の達人脇屋氏
2019年2月5日(火)
愛宕山鉄道平坦線の清滝トンネルと清滝駅跡

トンネルを出たところにあった清滝駅のホーム跡
 愛宕山ケーブルがある清滝まで嵐山から電車があった。現在の嵐電嵐山駅の横から発車するわずか3.3キロの短い路線だが、清滝トンネルの手前までは複線だった。
 トンネルの長さは444メートル。現在一般道として使われているが一車線しかなく車両は信号機による交互通行。歩行者も通れるが照明がほとんどなく後方から自動車が迫って来ると怖い。トンネルの上に試峠という旧道もあり、一度歩いたことがあるがここを越えるのはかなりきつい。
 そのトンネルを出たところが電車の終点で白い看板の所にホームがあった。駅舎は一段下のバス転回場になっている広場にあった。その横に食堂が一軒あるが、参道沿いにあった茶店がケーブル開通後に移転してきたものだという。
 愛宕山ケーブルに乗り継ぐにはさらに坂道を下り、清滝川を渡った先まで10分ほど歩かなければならなかった。

一段下がったバス停の位置に駅舎があった
2019年2月4日(月)
今も昔の面影をとどめている愛宕山ケーブルの駅跡

愛宕山ケーブル山上の愛宕駅跡、2016年
 昔の愛宕山は比叡山並みの人気スポットだったらしい。明治時代には参道に20軒以上もの茶店があったとかで今もところどころに跡地と石垣を見ることができる。
 昭和4年にはケーブルカーが開通した。距離が2キロもあって当時東洋一の長さだった。山上駅付近には遊園地や近代的なホテルが設けられた(当時と現在の様子)。
 水尾分かれの50メートルほど上を東へ入ると、かつてのケーブル山上駅が廃墟となって残っている。駅前広場は雑草も刈り取られ説明看板も立っている。駅舎の内部もゴミが散らかるようなことはなく、しっかりした階段で階上へ上がることもできる。
 一方、山麓側の駅跡も駅舎こそ残っていないがホームの跡がくっきり残っていて、ここにも説明看板がある。歩き始めてすぐの参道脇には掘割になったケーブル路線跡がそのまま残っている。

ケーブル山麓側の清滝川駅跡、2009年
2019年1月31日(木)
愛宕電鉄と愛宕山ケーブルが記載されている地図

鉄道省 日本案内記近畿編 昭和7年 愛宕山・嵐山付近地図
 手元に愛宕山周辺の古い地図がある。これに愛宕山鉄道とケーブル線が記入されている。いずれも大戦末期に鉄材供出のために撤去され終戦後も復活しなかった。ケーブル山上駅は七合目付近にあり水尾へ下る「水尾分かれ」のすぐそば。愛宕神社まではさらに坂道を40分も歩かねばならなかった。
2019年1月30日(水)
愛宕山もひどかった台風21号による倒木被害

御神木が根元から倒れ壊滅した大杉神社
 今回の愛宕登山、水尾から裏ルートを上ったがメンバーの一人が初参加だったので、帰りは表参道を清滝へ下ることにした。水尾道は七合目で表参道に合流する。
 水尾からの道はこれまでと特に変わらなかったが、表参道へ出ると倒木が目立ち随分荒れていた。去年の台風21号のせいである。
 五合目付近に杉の巨木を御神体にした祠がある(あった)。尾根道が平坦になった所で、小休止するのに格好のポイントだった。それが根元から倒れ神社は消滅、参道を塞いだ御神木は途中でバッサリ伐られてしまった。
 尾根を吹き抜ける強風に耐えられなかったのだろう。他にも数えきれないほどの倒木が。道を塞いだ大木は道の部分だけカットしてあるがそれが10ヵ所以上あった。
 五合目から下は尾根への取付き道で倒木は少なくなったが、階段の多い急な下り坂で、清滝に着くころには膝ががくがくだった。

かつての大杉神社、2009年
2019年1月29日(火)
愛宕山の裏登山口、水尾の里の自治会バス

JR保津峡駅前の水尾自治会バス
 毎年1月に京都の愛宕山に登っていて今年が連続21回目。清滝から表参道を上がるのが正規のルートだが、これがきつい。それで最近はJR保津峡駅からバスで水尾まで行ってから裏ルートを登る。三合目相当までバスで行けるので随分ちがう。
 ただ午前9時10分発を逃すと午後までないのが辛いところ。このバスは集落の自治会バスで白ナンバーだが一般人も乗れる。水尾は民家が30戸くらいの山あいの集落で民宿も何軒かある。
 バスの運転手の話では現在の人口は40人足らずというが、おそらく老人ばかりだろう。コンビニはおろか商店は1軒も無く、その運転手も明らかに70代だった。
 水尾は清和天皇ゆかりの地で御陵もある由緒正しい山の村。このままではバスの運行もいつまで続くか不安になる。保津峡駅から川沿いに4キロ遡った奥で、ここを年寄りが歩くのは大変だろう。(1/25)

京都の隠れ里、愛宕山の反対側にある水尾の里
2019年1月28日(月)
昔1年だけ住んだ駅ビル公団住宅に立寄ってみた

駅ビルの階下で営業している店は1軒だけ
 名古屋から大阪へ戻る途中、思い立って新婚のころ1年間だけ住んでいたマンション?に寄ってみた。公団住宅なのでマンションというにはおこがましいが、今どきのアパートともイメージが違う。
 近鉄の富吉といって名古屋駅から10分、車庫のある駅で一応準急も停車する。その駅ビルというか駅と一体になった公団住宅で1階が店舗、その2階の2DKの部屋だった。ワンフロア31戸あって端から2軒目の230号室だった。
  部屋のすぐ前が車庫への入出庫線で、電車が停まるとベランダの前にパンタグラフがあった。毎朝5時頃になると次々と電車が出て行く、それが部屋の前で必ず一旦停止する。ゴトゴトいうその音で毎朝目を覚まされた。
 すぐ隣のビルの1階がパチンコ屋で結構賑わっていた。そんな駅前が今は人影もなく無人の街に変わってしまっているのに驚いた。

線路の向こうの3階建、端から2軒目だった
2019年1月25日(金)
名古屋へ行ったらやっぱりあんかけスパゲティ

パスタデココの知多阿久比店
 名古屋メシの一つであるあんかけスパゲティ。新入社員時代にスパゲティハウス・ヨコイへ足繁く通った身にとってはこれがノスタルジックフード。そのヨコイの分店が名古屋駅の近くにもできた、といってもまだ3店しかない。
 ヨコイとはやや味が異なるが名古屋周辺にはあんかけスパの店が多くある。その一つがCoCo壱番屋系のパスタデココ、これが阿久比町にもある。今回は夕食と翌日昼の2回連続で行った。それほどの好物なのだ。
 ここも微妙に味が違うがスパイシーソースで頼めばかなりヨコイの味に近い。さらに2.2ミリという太麺を使っているのもヨコイと同じ。これだけ太いスパゲティは探してもなかなか手に入らない、大阪で見かけるのは太くてもせいぜい1.9ミリである。(1/21)

ヨコイ発祥のメニューだというミラカン
2019年1月24日(木)
愛知県知多郡阿久比町の町役場新庁舎

「あぐい」と読む阿久比町の役場新庁舎
 空家があるのは知多半島の付け根の阿久比町。海に面しているわけでなく観光とは無縁の旧農村地帯。名古屋のベッドタウンで人口は2万8千。仙人が住んでいた頃は1万8千人だった。といっても結婚するまで3年間いただけで想い出も思い入れもほとんど無い。
 時々足を運ぶ町役場は3年前に改築されたばかりでピカピカ。かつては学校の校舎のような庁舎で、立ったままで対応するカウンターが狭い廊下に面して一直線に続いていた。
 それが建替えで見違えるほど立派になった。すぐ隣に公民館と多目的ホールがあり、芝生の広場に面したカフェレストランまである。庁舎の中へ入るとゆったりしたロビーフロアにテーブルカウンターと椅子が並んでいる。電光表示板前のベンチで大勢の来庁者が自分の番号を待つわが豊中市役所とは大違いだ。

電光表示板もベンチも無くゆったりしたロビー
2019年1月23日(水)
仙人が管理している空家に売家の看板が付いた

ついに売りに出した仙人の実家
 名古屋郊外にあり空き家になっている仙人の実家。月に1回は風通しのために通っていたが、最近は半年に1回。建物もだいぶん傷みが目立つようになってきた。
 父が1969年に名古屋市内から脱出して建てた家で築50年になる。このまま放置しておくことも出来ず、処分することにして土地の不動産屋に売却を依頼した。まだガタは来ていないが如何せん間取りが古すぎる。そのままでは売れるはずもなく、買い手があれば更地にして引き渡す予定だ。
 物件所在地は名古屋駅から名鉄で25分。朝夕は特急も停まる駅から5分足らずの高台にあるが、それでも坪単価は20万円。東京大阪と比べるとびっくりするほど安い。
 更地にするには上物の取壊しと植栽撤去、地下ガレージも古いので壊す。これに測量費、売買手数料を加えると400万はかかるという。そのうえ税金を差し引かれると僅かしか残らない。(1/20)

庭に面した道路側にも看板
2019年1月18日(金)
マンションの昇りエレベータを使わないことにした

仙人の棲家はこのマンションの最上階
 不肖仙人の棲家は雲の上ならぬマンションの9階。去年6月の地震でエレベータがまる1日止ったのをきっかけに日に1回は歩いて上ることにした。
 更に4カ月ほど前から重い荷物を持っている時以外はエレベータを使わずに歩くことにした。山歩きの後や一杯飲んで帰った時(といっても大した量ではない)もふくめ何とか今も続いている。9階まで一気に上がるのはしんどいので途中で2〜3回、東西の階段の間を歩く。この廊下の長さが30メートルほどで丁度いい足休めになる。
 先日、同い年の友人が急に亡くなり葬儀に出た。同年齢の参列者は膝が痛いと言ってゆっくりしか歩けなかった。そんなことがあると、今も山歩きができる健康のありがたみを自覚させられる。
 エレベータを使わず歩いている人がいると、マンション内でそろそろ有名になりつつあるらしい。これで階段歩きが意地でもやめられなくなった。

途中で東西の階段を結ぶ廊下を数回往復する
2019年1月16日(水)
デパートの催事場で見つけた江差の五勝手屋羊羹

帰宅して本に載っているのを見つけた
 北海道の江差に五勝手屋羊羹というのがあって土地の名物である。江差には一昨年の夏に行ったがその時には気がつかなかった。帰宅してから有名な地方銘菓の一つだと本を見て知ったが遅かった。
 それをデパートの催事場で目にしたのだから買わない手はなかった。何しろ形が変わっている。竹筒羊羹の類のものは時々見かけるが、これはまるで昭和30年代にあった整髪料のチック。後ろから押し出す仕組みはまったく同じで、その頃丹頂チックなんてのがあった。たしかその会社は今のマンダムである。
 この羊羹は直径3センチほどの紙筒に入っていて、後ろから押し出し付属の糸を巻きつけて切る。これがなかなか面白い。肝心な味は甘すぎず上品でなめらか。奇をてらっただけの土産物ではなかった。

後ろから押し出して糸で輪切りにする
2019年1月15日(火)
先斗町と宮川町の歌舞練場で新春おどりを観賞

歌舞練場の客席はあまり広くない、これは宮川町
 京都の先斗町歌舞練場と宮川町歌舞練場の踊りを、同じ日の午前と午後で観てしまうというバスツアーがあったので参加した。歌舞練場と言えば花見小路にある祇園甲部歌舞練場が有名だが、そこでは20年位前に都おどりを一度観たことがある。
 今回はツアー会社の貸切公演で先斗町が8人、宮川町は6人の芸舞妓が踊りを披露。地方さんの唄と三味線もさすがに一流(のよう)で、鼓と横笛による協奏もあった。若いころ少し鼓をやっていたカミさんは「あれだけ鼓を打てる人はあまりいない」と感心しきりだった。
 先斗町も宮川町も劇場としては小振りで1階席は300しかない。観客を舞台へ上げてのちょっとしたお遊びなどもあったが、舞台が近いので客席とは一体感がありなかなか楽しかった。(1/13)

先斗町歌舞練場で出演した芸舞妓、中央4人が舞妓
2019年1月11日(金)
今年最初の山歩きは中山ショートカットコース

普段は閉っている山門前の露店もまだ正月気分
 関西では正月の松の内は15日までらしい。それなら今年初の中山歩きは中山観音から奥之院を経由して清荒神に下りようと勝手な理屈を付けて楽なコースを歩いた。
  中山観音はすでに正月気分も抜け普段の静けさに戻っていたが清荒神は違った。普段は閉まっている山門前の露店もまだフルオープン。正月ほどではないが参拝者もそこそこ多くて本堂の前には行列が出来ている。
 これで中山歩きは226回目、'99年2月が初回で同年8月から毎月歩くことにした。その頃は縦走するのが基本で、勢いに任せてそのまま同じ日に箕面駅から勝尾寺まで往復したりもした。
 それが最近では中山の最高峰まで行くこともなくショートカットが基本に。縦走は年2回ほど気合を入れて歩くときだけである。それも脚が攣るのだから情けない。(1/10)

清荒神の本堂というか、正式には荒神堂の前
2019年1月10日(木)
ほとんど並ばずに買えた神戸南京町老祥記の豚まん

この程度で並んでいるとは言えない老祥記
 神戸へ行く用があったので帰りに南京町の老祥記で豚まんを買った。運が悪いと100人以上並んでいて30分以上待たされるが、この日はオフシーズンの平日。何人かの行列はできているが5分ほどでゲットできた。この程度では並んでいるとは言えない。ガードマンも手持ちぶさたの様子。
 大阪では551蓬莱の豚まんが人気で新大阪駅の売店はいつも行列だが、老祥記の豚まんはちょっと…いや全然違う。蓬莱のはイースト菌を使っているのか膨らんでいてほんのり甘い。これはこれで美味しく嫌いではないが。
 一方老祥記の豚まんの生地は麹菌なのか酒饅頭の皮のよう、甘味はないがこれまた絶品である。中に入っている豚ミンチの餡も何とも言えず美味い。いつも4個くらいはペロリである。(1/9)

老祥記の豚まんは直径5センチと小振り
2019年1月9日(水)
京都円山公園界隈で和風ランチの食べ比べ

円山公園 いそべ「まるやま弁当」 税込3,240円
 ぎりぎりで正月松の内に入る7日に京都の八坂神社へ行った。まだ正月の雰囲気は残っているが、元旦に出かけた去年とは参拝客の数がまるで違う。
 昼食は円山公園の一番奥にあるいそべという料理屋にした。古くからの店でガイドブックにも載っているがかなりくたびれた感じ。ベーシックな弁当にしたが、おせちのような濃いめの味付けでちょっと京料理とは言いづらい。
 11月にここから3分と離れていない高台寺上のよ志のやという旅館で似たような弁当を食べた。どこかの保養所を旅館に改装したという比較的新しい店だがよほど京料理らしく値段もリーズナブル。
 ミシュランの旅館部門に10年連続でランクインしており、和風レストランとしての居心地もまるで違う。弁当は税込2千円からで、お薦めするなら断然よ志のや旅館。(1/7)

高台寺 よ志のや「ねねの小路」 税込2,500円
2019年1月7日(月)
十三駅のホームドア化で京とれいんはどうなるのか

一般特急の2分後に発車する京とれいん
 おせちを受取りに行った日、阪急梅田駅のホームに京とれいんが止っていた。土日に4往復するだけだからまだ乗ったことはないし、滅多に目にすることもない。
 工事が始まっている十三駅のホームドアが完成したら2扉のこの電車はどうなるのか。いくら往年の名車と言えども車齢すでに40年、これを機にいよいよ引退させるのか。てっきりそう思った。
 気になってちょっと調べたらなんと、もう1編成増やして3月から1時間ヘッドにするらしい。新編成は3扉の6300系の改造で中央扉を埋めて2扉化するのだとか。
 十三駅のホームドアとの関係をどうするのかと思ったら、何のことはない十三には止まらず通過するという。その手があったか。引退ならその前に一度乗っておこうと思ったが、急にそんな気もなくなった。詳しくは阪急電鉄ニュースリリース

京とれいん増備編成、阪急電鉄広報から
2019年1月4日(金)
元旦に中山観音へ行ったら人が多くてびっくり
 去年の元旦は京都の八坂神社へ行った。神戸の三社参りもおととし済ませているので今年は近場の阪急宝塚線沿線へ。清荒神はメチャ混みすると分かっているので中山観音にした。
 電車は空いていた。それが中山寺の山門前まで来るとなんと行列が出来ている。中山観音には何度も正月に来ているがこんなことは初めて。勘違いしていたようで元旦だけは特別に混むらしい。
 境内に入ると行列は人混みに変わりそのまま本堂まで続いている。いつもの山歩きで境内事情は分かっている、途中から多宝塔へ迂回し裏手から本堂へ向かったら比較的スムーズに歩けた。
 カミさんが厄年の次男のためにお守りを受けたいという。並ぶのを覚悟したが窓口は空いている。元旦の御朱印も貰いに行ったがこっちも拍子抜けするほど人が少ない。どうやら初詣の参拝客はお参りだけでさっさと済ませているらしい。(1/1)

山門を入った途端本堂までぎっしり埋まる人波
2019年1月3日(木)
これが平成31年のわが家の初日の出
 今年の初日の出は雲一つない快晴の空に太陽が顔を出した。日の出時刻は7時5分だが生駒山の稜線から上がるので、わが家の初日の出は5分ほど遅くなる。山の上に少し雲があった方が空が茜色に輝いて絵になるのだが天気が良すぎてローソクの灯のような写真になった。2日の朝は僅かに雲がありそれが茜色に輝いた。うまくいかないものだ。(1/1)
2019年1月2日(水)
夫婦二人きりで小さなおせちをつつきながらの新年

おせち受取りの特設会場
 今年もお正月は夫婦二人きり。おせちもデパートで扱っている京都の料亭の小さな二段重である。かつては近くのミシュラン料理店から取寄せていたが、おせちを扱わなくなり百貨店のものに切り替えた。
 大晦日におせちを受取りに行く。午前11時に行ったら100人近く並んでいて20分も待たされた。無料配達してくれるのだが、歳末風景を見たくて電車で出かける。
 お正月といっても誰も訪ねてくるわけでもない。ダイニングテーブルの上に小さな重箱を並べてテレビを見ながら二人で黙々とつつくだけ。お雑煮は澄まし汁に角餅、具は蒲鉾と三つ葉くらいで上に花かつおを載せるというシンプルな名古屋風である。
 カミさんは正月早々から餅がのどにつかえたら困るといって、餅の代わりに年越しそばの残りを入れている。(1/1)

餅が喉につかえそうというカミさんの雑煮は蕎麦
2019年1月1日(火)
これが平成最後の年賀状、来年はさらに減らしたい
 今年もカミさんと2人だけの静かなお正月を迎えた。去年は地震、洪水、台風と災害の多い年だったが、わが家では離れて住む子供たちともどもまずは平穏無事な一年だった。
 新しい時代を迎えるにあたり過去のものとなりつつある年賀状も減らすことにした。親戚やメール交換のできない友人だけに出したが、それでも100枚を超えた。来年はさらにこの半分程度にしたい。
Web雑記帳
HOME