2022年5月20日(金)
新横浜駅の近くにある鰻屋が素晴らしかった

ホテルの部屋から見えたうなぎの大黒屋
 横浜の2泊目は新横浜のプリンスホテルにした。翌日は横浜アリーナの隣にあるウナギ屋で長男夫婦と一緒に昼食を摂った。大学生と高校生になった孫たちはもうついて来ない。
 大黒屋という前回案内してもらった鰻屋のうな重がめっぽう美味かったのでもう一度。11時の開店前に行ったらもう行列ができている。蒲焼はあくまで柔らかく焼きも素晴らしい、間違いなく絶品。
 老舗鰻屋の支店に違いないと思ったらそうではなかった。目黒と鎌倉にも店があるが、ここ新横浜が1号店で、洋麺屋五右衛門と同系列の比較的新しい店だった。
 日本レストランシステムという会社が、廃業した老舗鰻屋の板長に起業させた店だという。持ち株会社を通じてドトールコーヒーとも繋がる今どきの和風レストランの一つだった。(4/30)

肝吸い付き鰻重(上)が3900円は安い
2022年5月18日(水)
ガンダムファクトリーから出てくる原寸大ガンダム

ファクトリーから出てきたガンダム
 山下公園に面したホテルの部屋からガンダムファクトリーという原寸大のガンダム展示施設が見えた。何をもって原寸大というのか分からないが身長は18メートル。ガンダムドックという鉄の檻は高さ25メートルという巨大建造物。
 2020年12月に開業し、今年の3月には閉館の予定だったが1年延長になったらしい。解体するならそのまま大阪万博へ持って行けば人気パビリオンになるだろうに、そんな話はないらしい。
 ホテルの部屋から眺めているとガンダムが動き出した。足元からは白いガスが雲のように湧きだしている。檻の外へ出たガンダムはその場でしゃがみ込んだ。こんな動きをするとは思わなかった。
 足元まで入るのに入場料1650円、顔の高さにある観覧デッキに上るにはさらに3300円の追加が必要とか。それでも中年ガンダマーの長男は既に何回か行ったことがあるらしい。

その場でゆっくりしゃがみ込んだ
2022年5月16日(月)
神戸の南京町には無い関帝廟と媽祖廟

関羽(関帝君)を祀る関帝廟
 横浜の中華街には大きな中国風寺院が2カ所ある、関帝廟と媽祖廟で関帝廟の隣には中華民国の旗(青天白日満地紅旗)を掲げた中華学校もある。神戸の南京町は飲食店ばかりでこういうものはないから、横浜の方が明らかに本物の中国人街である。
 関帝廟は三国志で有名な関羽を祀った道教寺院で、裏通りにあった質素な寺院を1990年に建替えた。媽祖廟は2006年に海の女神である媽祖を祀る寺院として新たに建てられたものだという。
 媽祖信仰は台湾で盛んなようで870ヶ所もあるという。そういえば昔、仙人が台湾で北港という町の製糖工場を見学したとき、目的だった鉄道見学を切上げて連れて行かれたのが北港媽祖廟。もう60年近くも前のことだが、今調べてみるとそこが台湾の媽祖廟の総本山だった(4/28)

海の女神である媽祖を祀る媽祖廟
2022年5月13日(金)
シコクが子スズメを連れてきた、チッチの孫だ
 2週間ほど前からコチッチもシコクも頻繁にやって来てエサを拾ってはすぐに飛び去るようになった。これはきっとヒナが生まれているに違いない。
 2羽が交互に来ることもあれば一緒の時もある。交替でヒナにエサを運んでいるようだが、ひょっとして両方ともメスで別の巣で子育てをしているのだろうか。
 そうしたある日の朝、シコクにヒナが1羽ついてきた。去年のチッチが最初に連れて来たときヒナは3羽だったが今回は1羽だけ。シコクがチッチの子供だとしたらチッチの孫、マゴチッチだ。
 幼いヒナはまだ足元がおぼつかないようであまり動かず、ベランダの端っこでじっとうずくまっている。それでも翼はもうしっかりしているようで、シコクが飛び立つとすぐ後を追いかけるように飛んで行った。(5/9)
2022年5月11日(水)
TV「美の巨人たち」に採りあげられた銚子電鉄
 TV東京系列の新・美の巨人たちで美術とは無縁のはずの銚子電鉄が採りあげられた。もっとも先々週は文房具の銀座伊東屋だった。
 副業の濡れ煎餅が売上の70%を占めるなど、できることは何でもやりながら運行を続けている小さな鉄道である。沿線に観光地がないわけではないが、レトロな駅と古い電車の運行そのものに美的要素というか素晴らしい何かがあるということらしい。
 番組にも登場する竹本社長は時には運転士も勤めるというが本業は税理士、しかも木更津の自宅から通勤(車でも電車でも2時間)しているという。さらに社長の月給がわずか10万円だというから驚き。(5/7)
2022年5月9日(月)
仙人も少し関わったSL保存団体の新聞記事

5月6日、日経新聞夕刊
 仙人も昔少し関わったことがある小型SL保存団体(羅須地人鉄道協会)のことが日経新聞で紹介された。
 台湾の炭鉱で働いていたSLを譲受けたのが丁度50年前。現在は記事にある成田の観光牧場に線路を敷かせてもらい走らせている。
 メンバーはほぼ代替わりしているが、自家製を含め今ではSLだけで8両あるという。写真の2両が最新の自家製品だそうな。
 ところでこれと同じ記事が4月30日の東京新聞にも掲載された。同じ通信社の配信だと思うが紙面の都合か1カ所だけ異なる。
 東京新聞では「代表を務める成田市の歯科医角田幸弘さん(66)」と実名を明かしているのに、日経では「代表を務める男性」としか書いていない。(5/7)
2022年5月6日(金)
横浜中華街で小龍包を食べたくなって

この店の前だけでなく通り全体が凄い人混み
 横浜中華街で昼食を摂ることにした。最近は小龍包が流行りのようなのでスマホで有名店をチェックしたら王府井が出てきた。
 その店は東門を入ってすぐのところにあった。昼過ぎだったが店の前は凄い人だかり。待たされるのを覚悟したが、店内は空いていてすぐに入れた。店頭の行列は食べ歩き目的の若者たちだった。
 目的は小龍包だから、それだけを何個か食べるつもりだったが、ついメニューの定食に目が行った。余談だがメニューとは定食の意味だと海外旅行で知った。
 3個の小龍包と6種の小皿、ガラスポット入りの花茶というきれいなお茶もついた。小龍包はさすがだった、粥の味も悪くない。
 それがエビチリもクラゲも大根の甘酢漬もやけに辛い、なぜ?。店名の王府井は北京の銀座だからここは北京料理のはず。帰りがけに確認したら「ウチは四川料理です」と言われた。

花茶付き小龍包御膳、2180円
2022年5月4日(水)
新幹線のぞみに乗るのは何年ぶりだろう
 横浜にいる孫(次男の子)が初節句なので顔を見に出かけることにした。ゴールデンウイークだからジパング割引(ひかりなら3割引)が使えない。やむなくのぞみを利用したが一体何年ぶりだろう。ちなみにコロナ以後で新幹線に乗るのは今回が3回目。
 古いメモをたどってみたらジパング倶楽部に加入したのが11年前だからそれ以来?いやそれ以前の数年間は神戸空港発のスカイマークやシニア割引の安い飛行機ばかり利用していた。
 結局最後にのぞみに乗ったのは2009年1月で、実にそれ以来13年半ぶりだった。もっとも3年前にツアー旅行で博多から新大阪まで一度乗っているがこれは例外。
 13年ぶりののぞみで与えられた席は先頭車の前から2列目という、これまた滅多に経験することのない席だった。(4/28)
2022年5月2日(月)
網戸にとまりエサをねだるようになったコチッチ

去年のチッチのように網戸にとまるようになった
 2月からベランダにやって来るようになったスズメは4羽のようだ。コチッチのカップルとハグレのカップルだが、無愛想なハグレの2羽は締め出してやったので、あまり姿を見せなくなった。
 去年の今ごろから9月まで毎日やって来ていたチッチは、ガラス越しに部屋の中を覗きこんだり、網戸にとまったりしてエサを欲しがった。それがまた可愛かった。
 今年の4羽の中では最初に現れたコチッチが比較的人慣れしているが、去年のチッチと比べればまだまだだった。それがある日突然網戸にとまった。おねだりの芸を覚えたようでそれからは必ず網戸にとまるようになった。きっとチッチのDNAを引き継いでいるに違いない。それより少し前から時々ガラス越しに部屋の中を見るようにもなったが、これはコチッチだけではなくシコクもときどき覗く。(4/17)
ガラス越しに部屋の中を覗きこんだりする
2022年4月27日(水)
上七軒の歌舞練場で芸舞妓のおどりを見る

玄関を入り庭園に架かる橋を渡った右側が劇場
 京都の五花街に4つの歌舞練場がある。祇園の歌舞練場が木造建築の大劇場なのに驚いた記憶があるが現在は改修工事中。仙人は踊りもさることながら劇場自体にも関心があり、先斗町と宮川町の歌舞練場も見る機会があった。
 上七軒では付属のビアガーデンとサロン(喫茶・軽食)に入ったことがあるだけ。日本庭園に面した風情のある渡り廊下の奥に劇場部分が垣間見えるだけだった。
 その上七軒の歌舞練場、というか歌舞会からなぜか春のおどりのパンフレットが送られてきた。どんなルートで届いたのか分からないが折角なので8,000円払って行ってみることにした。
 こういう催しだから和服姿のおばさまグループが目立つが、仙人のような孤独の老爺も意外に多い。芸者衆や日本髪姿のお姐さんの姿もちらほら見え、なんとも華やかで艶やかだった。(4/24)

和風の劇場内部は中ホール程度の大きさ
2022年4月25日(月)
ビアジョッキのようなカップで食べるラーメン

 120席あるというがそれでも余裕たっぷり
カフェテリア風のJINMEN
 阪急南方駅の横に人類みな麺類という小さなラーメン屋がありいつも大行列ができているという。不肖仙人も一度だけ食べたが感動するほどのことはなかった。
 そのラーメン屋が梅田のグランフロント地下にとんでもない店を出した。カフェJINMENといい、フードコートのようなスタバがラーメンも扱っているといった雰囲気の店である。
 ラーメンはフードメニューの一つでWater Noodleという醤油ラーメンだけ、それもシンプルと叉焼または煮玉子追加の3種類しかない。他にパスタとピザがある。
 渡されたポケベルが鳴るのを待ち、セルフで受取るラーメン鉢はまるで陶器のビアジョッキ。マグカップという人もいるがどうみてもビールの中ジョッキサイズ。
 口径が小さいので麺がまったく見えない。箸で引揚げた麺はモチモチの太麺で悪くない。スープは魚介系でつけ麺の汁に似ているがこれも悪くない。(4/21)

 これはWATER NOODLE+EGG(Half)
値段表示は7.8 単位はドルではなく100円
2022年4月22日(金)
コチッチとシコクだけにエサをやることにした

左がコチッチ、右がシコク(頬の模様が四国形)
 ベランダに来るスズメは4羽になると必ず喧嘩になり、決まってコチッチカップルが追い出される。このままではコチッチが来なくなってしまうかもしれない。
 コチッチは一羽で来たりシコクと一緒だったりするがしぐさがかわいい。ガラスの向こうでひらひら飛び回り、戸を開けるとチチチチ鳴きながら寄ってくる。
近づいてもガラス越しなら怖がらずにエサをついばんでいる。
 ハグレカップルは2羽とも妙によそよそしくて、ベランダに来ても手摺にとまって待っているだけ。しかもその間にやたらと糞を落す。エサをつつく時も落ち着きがなく、人がガラスに近寄るとすぐ逃げようとする。
 そんなハグレ達なので来ても無視することにした。一週間もすると諦めたのかあまり姿を見せなくなった。ちょっとかわいそうだが可愛いコチッチとシコクのためだ。(4/8)

シコクは頬の模様のほか頭に白い点もある
2022年4月20日(水)
崎陽軒とは似て非なるシウマイ弁当を大阪で買う

 崎陽軒のシウマイ弁当に似せているが包紙が全然違う。値段は100円高くて960円。
 姫路の駅弁屋が横浜崎陽軒とのコラボで関西版シウマイ弁当を作った。当初は姫路でしか買えなかったが梅田のデパ地下でも買えるようになった。
 弁当は包紙が真っ赤、よく似たおかずも配列は同じだが全部違う。シウマイは崎陽軒と同じ大きさのが5個。なかなか美味いが特徴である貝柱の風味がない。シャキシャキ感があるのは刻んだ蓮根を入れているのだとか。
 筍煮は短冊形で味が薄く、マグロの漬け焼は鯖に替わる。玉子は関西風の出汁巻で、甘いアンズは真っ黒な花豆煮に、といった具合で見事に変えてある。傑作なのはご飯の上の黒ゴマが白ゴマになっていることでこうなると完全にパロディ弁当。
 味付けが関西風なので横浜でも売ってほしいという書込みもあり、評判は悪くないらしい。仙人の個人的感想としてはやはり横浜のシウマイ弁当が食べたい。

 一見同じに見えるおかずも全部異なる。
まるで本家公認のパロディ弁当。
2022年4月18日(月)
これがツインビル?梅田の阪急ビルと阪神ビル

 北側から見たツインビル、左が阪急ビルで右が阪神ビル。左端は建て替えが決まった新阪急ホテル
 阪急百貨店(梅田阪急ビル)の上には41階の高層オフイスビルがあるが、阪神百貨店(大阪神ビル)も38階のオフイスビルを載せることにし、それがいよいよ完成した。
 両ビルの建築は10年の差があり色も形も違う。それでも交差点を挟んで立っているので、ツインタワーと呼ぶことにしたらしい。これを機に阪急ビルを大阪梅田ツインタワーズ・ノースと改称し、阪神ビルを同・サウスと名付けた。
 周辺には同じような高層ビルが何棟もあるので、全然似ていない上に向き合ってもいない二つのビルはどう見ても姉妹ビルとは思えない。それもあってかネットで大阪梅田ツインタワーズと検索してもすぐにはヒットしない。
 それはともかく8年がかりの建替え工事を終えた阪神百貨店がようやくフルオープンした。なんと4フロアが食料品と飲食店で百貨店売上げの半分近くを占めるという。(4/12)

南側から見た百貨店部分、左が阪神で右が阪急
2022年4月15日(金)
京都南座前の老舗レストランで孤独のランチ

レストラン菊水のレトロなビル
 京都の四条大橋たもとにレトロなビルのレストランが2軒ある。一つは橋の南西角にある中華の東華菜館で、もう一つが南座の向いにあるレストラン菊水である。
 東華菜館は1926年築のビルでヴォーリズの設計、当初は西洋料理店だった。日本最古のエレベータがあるというし一度入ってみたいが、ランチタイムに一人で利用できるようなメニューがない。
 レストラン菊水のビルも同じ1926年築で当初から西洋料理店。高級レストランではあるが1階は昭和のパーラー風でランチメニューもあり一人でも気軽に入れる。
 ということで迷うことなく昼食は菊水で摂ることにした。1,100円のお手軽ランチもあったが、ここはちょっと奮発して2,750円のビーフカツレツ定食に。ボリュームは少な目で年寄向き、味は絶品というほどではないが悪くなかった。

 定食にはライスの他スープ、サラダ、
アイスクリーム、コーヒーがついた
2022年4月13日(水)
ベランダに来るスズメは4羽で2組のカップルらしい

エサ場のハグレカップルと眺めるコチッチカップル
 毎日やって来るスズメは4羽、それも2組のカップルらしい。最初に現れたコチッチと、いつも一緒に来るようになったシコク。単独行動だったハグレにも連れがいたようで、これをハグレ2号と呼ぶことにした。
 4羽でやって来ることもあるが、仲良く一緒にエサをつつくことはない。特に仲が悪い訳ではなさそうだが小競り合いはしょっちゅう。最近はハグレ組のほうが優勢のようだ。(3/29)
2022年4月11日(月)
中山桜台のサクラと奥之院参道のミツバツツジ

中山桜台6丁目から7丁目へ向かう坂道
 4月の中山歩きも安直にバスで桜台まで行く。桜台というからさぞ桜の花がきれいだろうとの期待もあった。六丁目のバス停から高級住宅街の七丁目を通り抜けた登山口まで桜の並木が続く。
 それが車道脇の桜はすべて枯れ枝のままで全然咲いていない。山側と歩道外側の木だけが花をつけている、これは一体どうしたことか。桜並木が満開だったら見栄えがするだろうに。
 山に入って緩やかな道を10分も歩けば縦走路の尾根道に出る。そこからは奥之院に向かって専ら下り。一ヶ所だけちょっとした上りがあるが大したことはない。
 帰りは奥之院から参道を下ったがここではコバノミツバツツジが目を楽しませてくれる。それが2日前に嵐山の天龍寺であまりにも素晴らしいミツバツツジを見てしまったので何とも物足りないのだった。(4/7)

奥之院参道のコバノミツバツツジ
2022年4月8日(金)
桜満開の嵐山、天龍寺の庭園と大覚寺の大沢池

天龍寺の庭園が思ったより広いのに驚いた
 京都の桜は3月末に満開を迎えたが、嵐山ではもう少し遅いかもしれないと1週間後に出かけてみた。嵐山はハイキングに来るたびに天龍寺の前を通る。境内も何度か通り抜けたが庭園に入った記憶はない。今回は「園内の桜満開」という看板を見て入ってみた。
 大方丈前の曹源池から奥に広がる傾斜地一帯が庭園で、国の史跡特別名勝指定の第1号だという。園内は枝垂れ桜などが多くいずれも満開で見事だった。
 天竜寺から徒歩で大覚寺へまわった、ここはバスで門前を通ることはあっても入ったのは1~2回しかない。隣接する大沢池も大覚寺の境内だとは知らなかった。
 池の周囲に並ぶ桜はちょうど満開、ということで300円の追加料金を払って池を一周してみた。周囲1キロもあるこの池は日本最古の人口の庭池だとか。平安時代の初期に嵯峨天皇が離宮造営する際に造られたという。(4/5)

広い大沢池が大覚寺の境内とは知らなかった
2022年4月6日(水)
改修工事の終わった清水寺へ朱印をもらいに

三重塔があるここまで来る人はほとんどいない
 墓参のあと清水寺へ向かった。ぶらぶら歩いて20分足らずだが平成の大改修で何年も工事の覆いで囲まれていたので三年坂あたりまでしか行かなかった。その50年ぶりの工事がようやく去年終わったので朱印目当てに足を伸ばした。
 本堂から音羽の滝へ下りずに真っすぐ進むと三重塔がある。清水の舞台が正面に見える絶景ポイントだがここまで来る人はほとんどいない。すぐそばに門があるがそこまでが清水寺の境内。この門から入れば入山料を払わずにすむ。
 500メートル先に清閑寺という寺があるというので行ってみた。五条バイパスから少し上がった位置になるが、訪れる人も少ない小さな山寺といった雰囲気である。
 それでも昔は清水寺と二分するほど勢力のある大寺院だったらしい。天皇家や平家物語にも縁のある名刹である。付近一帯に清閑寺を冠する町名が多いのはすべてこの寺の境内だったためという。

昔は清水寺に匹敵する大寺院だった清閑寺
2022年4月4日(月)
樹勢を取り戻した京都円山公園の枝垂れ桜

ひと頃より花が多くなった円山公園の枝垂れ桜
 今年の桜は開花してから満開になるまでが少し速かったような気がする。それで急遽思い立って京都円山公園の枝垂れ桜を見に行った。コロナ禍以前はもっと人が多かったのにそれほどでもない。
 20年以上も前になるが古木の枝に十分花がついておらず、幽霊が手を伸ばしているように見えがっかりした記憶がある。それがすっかり樹勢を取り戻したようだ。
 よく見ると中央古木の両サイドに樹齢の若い桜があり、精一杯花をつけて全体を盛り立てている。手元に7年前に撮った写真があるので比べてみた。古木もしっかり花をつけているが、脇の若木はまだ小さく十分花をつけていない。
 ここから10分も歩いたところ仙人家の墓がある。3年前に知多の山の中から移転したのだが、つくづく京都に墓を移してよかったと思うのがこの季節。(3/30)

貧弱だった7年前、20年前はもっとひどかった
2022年4月1日(金)
これをタカラヅカ的というのか、新宝塚ホテル

車寄せのあるホテル玄関は駐車場側
 旧宝塚ホテルは武庫川を渡った先にあり歌劇場からも遠く、狭い土地に増築を重ねたためすっきりしていなかった。それが新宝塚ホテルとなって2020年6月に大劇場の隣に移転した。
 スパニッシュ様式というのかレトロモダンな外観で歌劇場や阪急の駅とも共通するデザインである。これが宝塚のイメージなのか、新名神高速宝塚北SAの施設も似たような雰囲気である。実際にはずいぶん離れていて併設のスマートⅠCから30分位かかる。
 ホテル玄関は駅から続く花の道に面しているが、ロビーを挟んだ反対側にも車寄つきの玄関がある。ただしこっちは駐車場入口を入った中にあり目の前は武庫川。
 宝塚ホテルに泊って歌劇を見るというのがトレンドなのか若い女性客が目立つ。ロビーラウンジで申し合わせたようにアフタヌーンティーをオーダーし、帰り際には決まって中央階段の前で記念写真を撮るのである。(3/16)

南北玄関の間にあるロビーの大階段
2022年3月30日(水)
スズメのバトル、強いぞコチッチ

エサ場いたハグレをコチッチ(左)が追い出す
 毎日ベランダにやって来るスズメは主に3羽、たまにもう1羽ついてくることがあるが臆病なのかエサ場まで来たことがない。
 コチッチとシコクはどうやらカップルのようでいつも2羽で仲良くエサをついばんでいる。もう1羽のハグレはハグレらしくいつも単独行動である。
 別々に来るときは問題ないが3羽一緒だとなかなか厄介なことに。3羽で仲よくエサをつつくということはなく、決まってちょっとしたバトルになる。
 この時もハグレが先に来て食事をしているところへコチッチが入ってきた。ちょっとした空中戦でハグレは追い出されてしまった。
 シコクは手摺の上から文字通り高みの見物である。その後コチッチとシコクが食事を終えるまでハグレは大人しく待っている。2羽が飛び去ってからハグレにもエサを撒いてやった。(3/19)

負けたハグレはエサ場に入れない
2022年3月28日(月)
中山寺の遅咲きの梅と咲き始めたミツバツツジ

3月末でも花が残っている中山寺の梅園
 大阪で桜の開花宣言があった翌日、遅くなったが3月の中山歩きに。最近尾根道の手前までバスで行くことを覚えてしまったが、たまには歩かなければと山道を上がることにした。といっても奥之院までの安直コース。
 少しばかり期待して立寄った中山寺の梅園は遅咲きの梅がまだ見頃で来園者の姿も目立つ。そこからが山道、まだまだ取り付きの夫婦岩展望所が遠く感じる。この分では全山縦走など到底無理。
 重い体を何とか奥之院まで運んだ。いつもなら清荒神か宝塚駅へ向かうのだがそのまま引き返す。下山してみればこれまでの往復時間とほとんど変らなかった。
 帰りは参道を下ったが道端のコバノミツバツツジの花がちらほら咲き始めている。カメラを構えている人とちょっと声を交わしたら、昨日はまだ咲いていなかったとか。ひょっとして毎日ここを歩いている人か。(3/25)

楽勝のはずの夫婦岩展望台までが辛くなった
2022年3月25日(金)
取壊しをまぬがれ改修された六甲山ホテル旧館

繁っていた樹木を減らしすっきりした旧館
 有馬で一泊したあと久しぶりに六甲山上へ行ってみた、わずか20分ほどで着く。六甲山ホテルは阪急が手放し、オーナーが代わった後もしばらく同じスタッフでホテル営業を続けていた。それも2017年末をもって一旦閉館した。
 1年半後に六甲山サイレンスリゾートとして再オープンしたが、リニューアルした旧館とジンギスカン棟だけで隣にあったホテル本館(当時の姿)は取壊されて空地のままである。
 傷みがひどかった旧館は新築当時のように修復されたがホテル機能はなく、上階のカフェが営業しているだけである。ホテル時代のロビーや客室部分は開放されてギャラリーや売店がある。
 1929年築のホテル旧館は近代化遺産に認定されていた。一時は解体の噂もあったが幸いなことに新オーナーは改修に踏み切った。本館跡には円形校舎のような形のホテルが計画されているが未着工。オープンは数年先になるという。

内部もすっかりリニューアル
2022年3月23日(水)
フロインドリーブの本店は1929年築の旧キリスト教会

登録文化財の古い教会がフロインドリーブの本店
 神戸トアロード・デリカテッセンのサンドイッチはフロインドリーブのパンを使っている。一度その店へ行ってみたくて探したが裏通りにあるので分からなかった。
 フロインドリーブは元は中山手にあったが阪神大震災で被災。移転で空家になっていた旧神戸ユニオン教会を譲受けて改修し、カフェを併設する店舗にした。
 建物はW.M.ヴォーリズが設計した堂々たるゴシックの教会建築、国の登録有形文化財である。その1階がパン売場で2階が広々としたカフェスペースになった。
 喫茶店というより教会の礼拝堂に固い椅子とテーブルを並べただけという雰囲気。居心地の良いソファー席などなくお茶するだけの客は見当たらない。
 昼時だったのでサンドイッチをオーダーした。パンは軽くトーストしてある。味はさすがだと思ったが見た目は普通で写真を載せるほどではない。(3/15)

もと礼拝堂だったカフェは喫茶店とは思えない
2022年3月22日(火)
どうやらコチッチは3羽いるようだ

右からコチッチ、ハグレ、シコクと呼ぶことにした
 毎日やって来るスズメはてっきりコチッチとコチッチ2号の2羽だと思っていた。それがどうもおかしい、2羽で来たあと、すぐに1羽だけがもう一度エサを食べに来たりする。写真を拡大して気付いた、こうして並べると頬と胸の模様が違う。
 右のスズメが最初に現れたコチッチで頬の模様が四角、一番左がコチッチ2号で頬の模様が四国のよう。真ん中のはよく似ているが少し違う、1羽だけで来るはぐれスズメだ。これからはコチッチ2号をシコク、真ん中のをハグレと呼ぶことにした。コチッチとシコクは兄弟ではなくカップルかもしれない。(3/11)
2022年3月21日(月)
遅まきながら結婚50年記念で有馬温泉一泊

カミさんが顔を出したくないというのでこんな写真
 カミさんが3回目のワクチン接種が済むまでどこへも行きたくないというので結婚50年でも何のイベントもしなかった。
 3月に入ってからの接種で熱を出すこともなく無事完了。それではと有馬温泉一泊の金婚旅行に出かけることにした。
 これまでに何回か泊ったことがある旅館を予約しようとネットで検索。こんな時期だからいつでも泊まれると思ったら大間違いで×印の日ばかり。
 カミさんが露天風呂付きの部屋がいいというので、それを探したら一週間後の3月15日だけ空きがあった。実際に行ってみたら宿泊客はそれほど多くない。ひょっとして客数を制限しているのか。
 記念日プランというのがあったのでそれにした。祝詞付きの刺身と赤飯、飲めもしないワインがついた。食器から箸袋まで寿や慶の文字が入っている、これが旅館からのおもてなしだった。(3/15)

おもてなしのグラスワインが仙人には大きい
2022年3月20日(日)
ジョセフ・ヒコが建てた英文字入りの墓

播磨町の蓮花寺にある彦蔵建立の墓
 郷土資料館から少し離れているが同じ播磨町内にジョセフ・ヒコが母親と義父のために建てた墓があるというので行ってみた。
 古くからの住宅街にある蓮花寺という真言宗のお寺で、山門を入ったすぐ右側にその墓はあった。本堂前の広場の一角である。
 小説で「高額な墓地代を提示された住職が境内で最高の場所を提供した」と書かれているとおりの良い場所だった。
 墓石の裏に彫られている英字は石工が初めて目にした文字で大いに戸惑ったという。彦蔵が紙に書いて渡した通りに彫ったというが新聞の活字でも見せたのか。現物を見ると見事な活字体で次のように彫られている。
    MEMORY
      of my
  PARENTS & FAMILY
   JOSEPH HECO
   December 1870

石工が苦労して彫ったという墓石裏面の英文字
2022年3月19日(土)
ジョセフ・ヒコ関連の展示もある郷土資料館

ジョセフ・ヒコこと彦蔵の展示スペース
 播磨町は明石市と加古川市に挟まれた2キロ四方ほどの小さな町だが沖の人工島に多くの工場があり比較的裕福な自治体と言える。
 彦蔵は13歳のとき当地出身の船乗り7人と共に1500石積の廻船に乗組んだ。江戸から戻る途中熊野灘で嵐に遭い漂流、52日後にアメリカの商船に救助された。1850年のことである。
 帰国を試みた彦蔵は香港に渡ったりするが果たせずサンフランシスコに舞い戻った。そこの税関長に息子のように可愛がられキリスト教の洗礼を受け、米国に帰化してジョセフ・ヒコと名乗った。
 1859年に米国領事館員として帰国。再度渡米してリンカーン大統領に会ったりしたあと再帰国。横浜や長崎でグラバー商会の仕事に関わるなどして裕福になった。
 彦蔵より先に帰国を果たした4人の仲間も姫路藩に士分として召し抱えられ、西洋型帆船の建造に携わった。完成後はその船頭を務めるなど相応に名を残している。

彦蔵が乗り組み難破した栄力丸
2022年3月18日(金)
町立郷土資料館も今回の目的の一つだった

別府鉄道の線路跡に面した播磨町立郷土資料館
 別府鉄道跡再訪を思い立ったもう一つの理由がある。たまたま最近文庫本で読んだ吉村昭の「アメリカ彦蔵」という小説のモデルがこの町の出身で、隣の町立郷土資料館にはその関連展示もあるというので余計行ってみたくなった。
 県立博物館とは比べ物にならないが小さな町の町営施設としては頑張っている。展示物は町内の出土土器が主だがこれは隣の考古博物館には到底かなわない。それと別府鉄道関連、もう一つが小説の主人公になったジョセフ・ヒコこと浜田彦蔵関連である。
 別府鉄道関連はあまり期待もしていなかったがタブレット通票、行先板、ランプなどが並んでいるだけで大した物はない。むしろ資料館の裏手にある実物の機関車と四輪客車が最大の展示物だった。
 そのせいか全国各地で静態保存されている屋外展示の鉄道車両の中では、状態も維持も管理も間違いなくここが最高水準である。

別府鉄道関連の展示物は大したことない
2022年3月16日(水)
コチッチ2号がエサ場まで来た、セキレイも来た

奥がコチッチで手前がコチッチ2号
 コチッチについてきた2号がようやくエサ場まで来られるようになった。コチッチと一緒に仲良く食事している。他のスズメが来たときのように追い払ったりしないのはやはり兄弟だからなのか
 去年チッチがやって来るようになったのは、それまで来ていたセキレイが姿を見せなくなってからだった。今年もセキレイに続いてコチッチが来るようになったが、セキレイは今も毎日ベランダにやって来る。
 コチッチ兄弟が初めて一緒にエサ場に入って食事をしているとき、セキレイがやって来た。羨ましそうに近寄って来るがエサは拾えない。スズメもセキレイを追い払う訳でなく無視している。
 スズメ同士だと仲間内でも喧嘩するというのに。セキレイも穏やかな性格のようでそれ以上の行動には出ない。結局コチッチたちが飛び去ったあと、わずかな食べ残しをつついていた。(3/7)

セキレイが近づいても追い払ったりしない
コチッチ2号はちょっとだけエサ場から離れた
2022年3月14日(月)
高いところが好き、東本願寺御影堂門に上る

東本願寺御影堂門、奥は御影堂
 京の冬の旅キャンペーンで東西本願寺の特別公開があるというので会期末になって行ってみた。
 東本願寺は御影堂門(山門)の楼上に上れる。明治44年の再建だが重文、高さ27メートルで日本一だという。去年の特別公開で上った東福寺の三門は22メートルだった。
 東福寺の三門には仏像が何十体と並んでいたが、ここは中央に釈迦如来はじめ3体の仏像が置かれているだけだった。
 西本願寺では書院が見学できるはずだったが完全予約制の上この日は非公開。それならとあらためて予約しようとしたらすでに最終日まで埋まっていた。
 本堂にあたる御影堂は東西本願寺とも間口70メートルもある巨大建築だが東本願寺の方が僅かに大きい。ただし東が明治28年の再建であるのに対し、西は1636(寛永13)年築で国宝である。(3/10)

御影堂門の楼上回廊
2022年3月11日(金)
別府鉄道跡再訪、今度は県立考古博物館へ

外壁を草で覆い地下施設のように見える博物館
 1月に別府鉄道の線路跡を歩いたばかりだがこの時は全区間の踏破が目的だった。沿線にある大中遺跡もゆっくり見る余裕がなく考古博物館もパスしてしまった。
 この遺跡は1962年に中学生によって発見されたことになっているが、元は別府鉄道建設時に土器片が多数見つかったことによる。その後の調査で弥生時代の大規模な遺跡であることが判明した。
 あたり一帯が広大な遺跡公園として整備され兵庫県で唯一の県立考古博物館もできた。神戸でも姫路でもなくなぜかこんな所に。それほど大した遺跡だったのか、ということでもう一度行ってみる気になった。
 2007年にオープンした博物館は古代の丘をイメージしたとかで外壁全体が草で覆われ、まるで地下施設のよう。展示物は土器を中心とした発掘品がメインで中々のものだが、所詮仙人は門外漢である。(3/3)

現在の藁葺屋根と変わらない弥生時代の建物
2022年3月10日(木)
モフモフ人形のように膨らんだコチッチ2号

モフモフ人形のようなコチッチ2号
 またコチッチ2号が一羽だけでやってきた。ピーと鳴くので皿にエサを入れてやったがなかなか寄って来ない。やっと30センチ手前まで来たがそこまでが精一杯。
 手摺の下のコンクリートの上で欲しそうに眺めている…というかじっとしているだけ。そのまんまるに膨らんだ姿が可愛らしい。
 もう3月だというのにまるでぬいぐるみのモフモフ人形のように丸い。結局エサを食べられないまま諦めて飛び去った。(3/4)
2022年3月9日(水)
ある朝コチッチが3羽の仲間を連れてきた

コチッチが3羽の仲間と一緒にやってきた
 コチッチ2号が一羽で来てエサを食べられないまま飛び去った次の日。朝の7時前からコチッチが仲間を連れてやってきた。全部で4羽でこんなことは初めてだ。
 コチッチがエサ場に来てもあとの3羽はしばらく手摺の上から眺めるだけだった。そのうち2羽がベランダへ下りてきてエサの皿に近づいた。
 仲よくエサをつつくのかと思ったらコチッチが近づく2羽を追い払った。どうやらここはコチッチの縄張りで、仲間のスズメはコチッチが連れて来たのではなく勝手についてきただけのようだ。
 この間、1羽だけ少し離れたところから見ていて、皿に近づかないのがいた。ひょっとしてこの子が昨日一羽でやってきてベランダにも下りられなかったコチッチ2号かもしれない。(3/3)

エサ場を独り占めして仲間を追い払うコチッチ
2022年3月7日(月)
取寄せてでも食べたいヨコイのスパゲッティ

初めて取寄せたヨコイソース10個パック
 この齢になっても名古屋のヨコイスパゲッティが忘れられない。名古屋ならどこのスーパーにもヨコイのレトルトソースがあり簡単に手に入る。それが実家を手放し名古屋へ行くこともなくなった。
 それでもたまに無性に食べたくなる懐かしの味。今はあんかけスパという名古屋メシの一つになりソースも何種類か出ている。仙人にとっては少しクセのあるヨコイの味こそがソウルフードだ。
 社会人になって配属された職場の行きつけの昼めし屋がヨコイだった。最初は独特のソースにちょっと引いたが、無理やり付きあわされて数回通ったら忘れられなくなった。
 その頃はカウンターに7~8人座れるだけの小さなスパゲッティハウスだった。今は場所も変わり支店もある。10年近く前のことだが久しぶりに行ったら、先代の奥さんがいて仙人のことを覚えていてくれた。

10年近く前だが、レジにいた先代の奥さん
2022年3月4日(金)
兄弟だろうか、もう一羽コチッチがやってきた

幼鳥のように見えるコチッチ2号
 コチッチは相変わらず毎日何回もやって来る。満足しないと立ち去らないでお代わりを待っている、これがまたかわいい。かと思えば2日間姿を見せなかったりで行動パターンがよく分からない。
 そんなコチッチに時々もう一羽ついてくる。エサの皿まで下りて来れず、コチッチの食事がすむまで手摺の上でじっと待っている。去年の9月に母鳥チッチと一緒にエサをついばんでいた兄弟のようだがまだ人慣れしていない。
 そのコチッチ2号が一羽だけでやってきた。皿にエサを入れてやるのを待っていたがどうしても下りて来れない。しばらくいたものの結局あきらめて飛び去った。
 写真を撮って拡大してみたらまだ幼鳥のように見える。体を膨らませているせいもあるが顔つきが幼い。コチッチの子供とは思えないし、一体どういうことなのか。(3/2)

去年9月、チッチの子供のコチッチ兄弟
2022年3月2日(水)
3月末まで一部通行止めになった箕面の滝道

ここから滝の手前まで1.2キロが通行止め
 週末の早朝歩きをしている箕面の滝道が先週から一部通行止めになった。滝まで2.8キロあるうち約1.2キロが工事のため3月末まで閉鎖される。
 3年前の10月の台風19号による倒木が山の斜面や川の中に数多く残っている。それらの撤去かと思ったらどうも違うらしい。看板によれば落石防止工事だという。
 迂回路はあるものの川の対岸のハイキング道でアップダウンが続き、途中には荒れた石段が往復で750段もある。何年かに一度は通行止めになるので時々歩かされる道だが慣れるまでしんどい。
 初日の今日は往復で20分ばかり余計にかかった。明日も思い切って歩くか、通行止めになっているのをいいことにそこから引返して回数カウントに入れてしまうか。悪魔のささやきが聞こえて来る。その回数は今日が1,209回目だった。(2/26)

滝側の通行止め、直進が迂回路のハイキング道
2022年2月23日(水)
また雀がやって来るようになった、チッチの子供か

これはチッチの子供コチッチだろうか
今度は強風でも皿が飛ばないよう石を置いた
 一週間ほど前からベランダにまたスズメがやって来るようになった。ひょっとしてチッチの子供かもしれない。さっそくエサの皿を用意してやった。
 まだチッチほど人慣れしていない。ガラス戸を開けるとちょっとだけ離れたところで待っていて、小鳥用のエサを皿に入れてやるとすぐに寄ってくる。
 日に数回やって来てはチチッと鳴くのでカミさんがその都度エサを入れてやる。またスズメに癒される日々がやってきたようだ。(2/19)
2022年2月21日(月)
新しくできた大阪中之島美術館の開館記念展

ブラックキューブと言われる特異な外観
 大阪に新しい美術館がオープンした。市制100周年の記念事業として企画されたがその後の財政難で40年間も凍結され、今年ようやく陽の目を見た。
 場所は中之島で国立国際美術館の北隣、真っ黒な外観で西日本最大の美術館だとか。6,000点もの収蔵品があるらしいが今回は開館記念のコレクション展だった。
 西洋絵画から日本画、書、彫刻さらにポスターから椅子をメインにした家具類まで400点が並ぶ。有名なのは佐伯祐三の郵便配達夫やモジリアーニの裸婦。上村松園やユトリロの絵もある。
 特異なのが100点ほどあるポスター。これは10年前に閉館したサントリーミュージアムから移したもの、有名な赤玉ポートワインの半裸女性のポスターもあった。
 それと30点以上もある椅子のコレクション。比較的最近買い入れたものも多くこの美術館の得意分野のようだ。2フロアの広い展示場をざっと見てまわるだけで1時間半もかかった。(2/18)

佐伯祐三の郵便配達夫は写真撮影可能
2022年2月14日(月)
元気なのはいいが近所にかかりつけ医がない

3回目のワクチン接種券が届いた
 1月末に3回目のワクチン接種券が届いた。医療機関リストを見ると大半がかかりつけ患者限定か優先である。風邪をひいた時に行く内科が近所にあるが2年以上ごぶさたしている、これでかかりつけ医といえるのか。
 去年は眼科と皮膚科に通ったがワクチン接種とは無縁。他に持病が無いわけでなく1カ月半ごとに投薬を受けているが、前の職場近くのクリニックまでわざわざ出かけている。たまには大阪市内へ行く用がある方がいいと考えてのこと。
 そんなわけで前回のワクチン接種はカミさんがしばらく通院した整形外科で一緒に受け、今度も3月4日の予約をした。近くにかかりつけ医が必要だというが、カスミを喰って生きている仙人は腹をこわすこともない。有難いことだがちょっと困る。
2022年2月11日(金)
結婚して初めてカミさんに花を贈る
 カミさんはワクチン接種が済むまで外食をしたくないというので、節目の結婚記念日なのにどこへも行かず家で静かに過ごした。何もしないのは淋しすぎるのでサプライズで花を贈ることにした。
 これが昭和の人間なのか、恥ずかしくてこれまで一度もカミさんに花など贈ったことがない。一人で花屋に入ったことすらなく、わが人生で初めての経験。
 前もって近くの花屋に頼んでおいたのを当日届けてもらうことにした。花が届いた時のカミさんの反応が楽しみだった。これぞ仙人一世一代のサプライズの瞬間。
 それが、奴さんも昭和の人間だったようで、嬉しそうな顔こそしたが、それでおしまい。目をウルウルさせながら何か一言あるかと思ったがそれもなかった。
2022年2月9日(水)
特に何もしなかった50回目の結婚記念日

50年前の新郎新婦、時代を感じる
 2月8日は不肖仙人夫婦の結婚記念日。これが50回目という節目の年だがこんなご時勢でもあり、特に何もしないまま自宅で静かに過ごした。
 結婚は従妹が持ちこんだ縁談に乗っただけだが、相手は名古屋の小さな商家の一人娘、短大を卒業して間もないという典型的な名古屋嬢だった。時にカミさん22才、仙人28才。
 爾来50年、大病をすることもなく2人の息子を育て上げ、今は年老いたグータラ亭主を相手に相変わらずパタパタママぶりを発揮している。昔はもっと素直で従順で大人しかったのに。
 それはともかく二人ともここ数年は風邪薬の世話にもならず穏やかな日々が続いている。今しばらくの間こんな生活を続けさせてほしい。(2/8)
2022年2月7日(月)
別府鉄道接続駅だった国鉄高砂線野口駅の跡

鉄道跡の道路脇に設置されたモニュメント
 野口線跡のサイクリングロードは旧国鉄高砂線の線路跡道路と合流する地点で終わる。別府鉄道跡は広い歩道となってしばらく続くが、やがて車道の反対側に野口駅跡を示す小公園風のモニュメントが現れる。
 この駅は1913(T2)年に播州鉄道が開設したもので1921年に別府鉄道が乗入れた。当初は貨車もここを経由したが2年後には土山線を開通させ、貨車は土山駅で受け渡しすることになった。
 現在周囲には住宅地が広がっているが昔はまったく何もない畑の真ん中で、駅舎もないホームだけの無人駅だった。そのホームの片側に別府鉄道のキハが到着すると間もなく国鉄列車が現れ、乗客全員がそれに乗り換えて一駅先の加古川へ向かった。当時「日本一寂しい国鉄・私鉄の接続駅」と言われたというが、仙人が見たのもまさにその通りの情景だった。

国鉄列車と別府鉄道のキハ(右)、1963年12月
2022年2月4日(金)
こんなところにポツンと別府鉄道の貨車が

道路に面していない側面にも標記が入っている
 土山から別府鉄道線路跡の道路を歩いていると、別府の町に近づいたあたりの道路端に貨車がⅠ両ぽつんと置かれ、別府鉄道ワ124という標記が入っている。
 足回りはなくダルマ状態だが基礎部分はコンクリートでしっかり固められている。畑の所有者が古い貨車を譲受け農機具倉庫に使っているに違いないが、遠目にはまるで現役の貨車のように見える。
 畑に面した反対側にも、車体下のフレームにもきっちり標記が入っている。それも素人では書けない本格的なものである。
 ワ124とあるのでちょっと調べてみたらすぐに分かった。国鉄の木造貨車を譲り受けたものでその後車体を鋼体化したという。別の書込によれば10年ほど前は赤錆びた状態のまま置かれていた。心ある所有者がこうしていつまでも維持してくれているのが嬉しい。

車体下のフレームにも別府鉄道の文字が
2022年2月2日(水)
別府の街なかにある多木化学のレトロな洋館

今も多木化学本社として使用されている洋館
 多木化学の創業者は明治中期に動物の骨粉を原料とする人造肥料を開発、製造販売し莫大な財を成した。現在は肥料も扱うが大手化学工業会社の一つである。
 昔の工場跡地は巨大ショッピングセンターになったが、今もその一角にある本社には大正4年築だという木造洋館が残る。旧社屋として保存しているだけかと思ったがどうやら今も現役のようだ。その隣には創業者の居宅だった屋敷も残っている。
 本社前の道路を海の方へ500メートルも行くと河口に面して一部4階建ての異様な洋館が現れる。多木化学が昭和初期に迎賓館として建てた多木浜洋館である。
 建物全体を銅板で覆っているのであかがね御殿とも呼ばれる。長らく非公開だったが国登録有形文化財に指定され、月に2回程度見学会が開催されているという。

別府の町外れにある浜洋館あかがね御殿
2022年1月31日(月)
今も大切に保存されている別府鉄道の車両

郷土資料館の敷地に保存されている車両
 JR土山駅前からマンションの間を抜けて続く遊歩道を1キロも行くと、大中遺跡という弥生時代の竪穴式住居が10棟ほど復元された大きな公園があり、郷土資料館もある。その横に別府鉄道の機関車と客車が保存されている。
 いずれも保存状態は極めて良好で気分がいい。管理も行き届いているようで資料館の開館中は客車内に入ることができるが、時間外はフェンスの扉が閉められ近づくこともできない。
 野口線の跡もほぼ全区間の3キロがサイクリングロードとして整備されている。中間地点の円長寺駅跡には気動車キハ2が保存されている。2013年頃までは搬入時のままで荒れ放題だったらしい。その後キハ2号を守る会の手によって頻繁に補修作業が行われているようで再び現役当時のような美しい姿を見せている。

野口線円長寺駅跡にあるキハ2
2022年1月28日(金)
別府鉄道の接続駅だった山陽線土山駅の今昔

別府鉄道のホーム、右が国鉄土山駅
 前にも書いたが仙人が父親のカメラを持ち出して初めて鉄道写真を撮りに行ったのが別府鉄道で、その国鉄連絡駅が土山である。中学三年になったばかりのことで1958(s33)年の4月だった。
 今回別府鉄道の線路跡を歩くつもりで何十年ぶりかの土山駅で降りた。昔の写真と並べてみると橋上駅になりホーム上屋が長くなったが雰囲気はそのままである。
 国鉄より貧弱だった跨線橋を渡る別府鉄道のホームは当然消えている。田圃が広がっていただけの南側にも駅前広場ができ、すっかり都市化している。ホームがあったあたりは自転車置場になっているが、その切れ目から覗くと昔とほぼ同じ構図の写真が撮れた。
 昔の線路跡は駅前から1.5キロほどが「であいのみち」という遊歩道になっている。その先も一般道となり終点まで約4キロの全区間を辿ることができる。

上の写真とほぼ同じ位置から見た現在の様子
2022年1月26日(水)
別府鉄道の別府港駅跡に今も残る大看板

右の空地部分に別府港駅の駅舎があった
 加古川の近くにあった別府鉄道の名残りがあると知り行ってみた。鉄道の終点だった別府港駅の跡にそれはあった。別府タクシーの敷地にある大看板で、文字もくっきりしているので今もしっかりメンテされているに違いない。
 構内には当時の鉄道と同じマークを付けたタクシーが並んでいる。事務所にちょっと立ち寄ったら、なんとそこの2階に今も別府鉄道株式会社のオフィスがある。
 別府鉄道は多木化学という肥料会社の子会社で、鉄道廃止後もタクシー営業等を行っていた。その後タクシー部門を分社化したが鉄道会社の名称のまま現在も不動産管理会社として存続している。
 現地にはこの看板だけでなく別府タクシーの南門、それと少し離れた多木化学本社の門にも別府鉄道のプレートがかかっている。(1/12)

貨車の背後あたりに上写真の看板がある、1963年
2022年1月24日(月)
今回が1200回目の箕面滝道早朝ウオーク

午前6時12分、箕面駅前はまだ暗い
 夜明けが少し早くなったが箕面の滝道を歩き始める頃はまだ暗い。これがちょうど1200回目の箕面滝道ウオークである。
 土日の朝だけ毎週歩いて1000回目は3年前の3月だった。それをキリにもう止めようかと思ったが何となくその後も続けている。所要時間は当時と変わらず60~63分で歩行速度は驚くほど正確。駅に戻る頃にはすっかり明るくなっている。(1/23)
2022年1月21日(金)
鶴橋駅の周囲に広がる昭和レトロな韓流商店街

狭い通路を挟んで韓国食材の店が並ぶ
 大阪環状線と近鉄が交差する鶴橋駅の周囲には、昭和30年代そのままのレトロな商店街が縦横に広がっている。通路の幅は2メートルもなく、屋根はあってもアーケードというよりトタン板を被せたような雨除けである。
 昔、近鉄布施駅近くに職場があったので、時々焼肉を食べに立寄った(鶴一という店だった)が、45年経った今も街の雰囲気はその頃とまったく変わっていない。
 韓国食材を扱う店が多い市場だが、なぜか場違いな洋品店や喫茶店も混じっている。飲食店エリアとは別になっているようで焼肉屋などの料理店はない。
 目をひくのは何軒かある韓国衣装の店で、カラフルなチマチョゴリや派手な布団が並んでいる。ソウルの東大門市場(トンデムンシジャン)にでも来たようでここが日本とは思えない。実にこれも45年前の光景と同じである。

ここが日本とは思えない
2022年1月19日(水)
鉄人28号前のビルで鉄道模型仲間の例会

神戸の新長田駅前にある鉄人28号
 今年最初の、というより休会続きで一昨年10月以来の模型仲間の集いが神戸であった。会場は神戸の新長田駅前にあるビルの貸会議室で12人が集まった。
 これまでの会場が使えなくなりここに移って3回目。すぐ前に等身大だという鉄人28号の像があるが、駅前広場との間にこのビルがあり目にしたのは今回が初めて。
 神戸でも震災被害が特に大きかった新長田地区の復興のシンボルにしようと、商店会の人たちがアニメ作者の出身地に巨大なモニュメントを作った。2009年、今から13年前のことである。
 まったくの偶然であるがこれを書いているのが1月17日。27年前のこの日早朝に巨大地震が発生した。仙人は仙台在勤中だったが、年頭の会議に出席するため東京のホテルにいた。当然会議は中止になり、関西から来ていた支店長や部長は急遽ヘリコプターをチャーターして職場に戻った。(1/16)

広めの会議室を借り密を避けて歓談
2022年1月17日(月)
今年の初詣登山はバス利用で中山から清荒神

標高472メートルでも銀世界だった中山頂上
 仙人が幹事の初詣登山は毎年京都の愛宕山だったが一昨年を最後に中断、その後はコロナ禍で月例ハイクも中止したままである。
 2年ぶりに初詣登山を企画したが愛宕山はちょっと自信が無い。毎月歩いている中山から清荒神へ周るコースを案内した。7合目相当の桜台までは勿論バス利用。
 参加者にはこれが思いのほか好評で、バスを降りて山道に入ったらそこはもう銀世界。思ってもいなかった光景に皆大喜びだった。(1/14)
2022年1月14日(金)
滅多に乗らない学研都市線で四条畷へ

浪速鉄道時代の終点だった四条畷駅
 今年最初の寺社巡りで四條畷神社へ行った。京橋から学研都市線で向かった。かつては片町駅が起点だったが京橋で東西線と結び、京橋・片町間は廃止になった。正式名称は今も片町線である。何となく私鉄の匂いがすると思ったら、元は1895(M28)年に四条畷まで開業した浪速鉄道という私鉄だった。
 四條畷神社の参拝客輸送が目的だったが、神社自体が1890年に創建されたばかりの新しい神社。明治の尊王思想から楠正成が脚光を浴び、その嫡男の正行(楠公子別れで有名、小楠公と言われた)の墓が近くにあったことからここに神社が造営されたという。
 四條畷市にある四條畷神社であるが駅は四条畷。その駅から神社まで真っすぐ参道が伸びている。石段の上り口に伊勢屋という古い旅館が残っていて、茶屋宿と称して今も営業中である。(1/6)

四條畷神社の石段下で今も営業中の古い旅館
2022年1月12日(水)
これが最後か、自動車運転免許の更新

40年前の免許証と今回更新した免許証
 近くの警察署で新しい運転免許証を受取った。2025年まで有効で今回から西暦と和暦のダブル表示になった。次回更新時には80歳になっている、運動神経はともかく視力に自信が無いので今回が最後になるかもしれない。
 これまでの免許証は没収されてしまったが、昔は試験場へ行かないと郵送受取りだった。その代わり古い免許証も手元に残った。
 手元にある一番古いのは昭和57年交付のもので写真が若い。形式は同じだがサイズが一回り大きい。仙人が初めて免許証を手にしたのは昭和39(1964)年。58年間無事故だったとは言わないが人身事故は一度も起こしていない。
 最初に手にした免許証は二つ折りの黒いボール紙の手帳タイプで、中ページが折畳んであった。その次はやはり二つ折りだったが中ページは無く青いビニール表紙だったことを覚えている。
2022年1月10日(月)
かやく御飯で有名な大黒のかやく御飯

店構えは半世紀前の記憶と変わらない
 かやく御飯とは炊き込み御飯のこと。昔からかやく御飯で有名な店が難波にある大黒。小さな和食屋だが明治35年創業というとんでもない老舗だ。難波に職場があった頃一度だけ入ったことがある。その時は特に美味いとも思わなかったがあらためて行ってみた。
 注文したのはかやく御飯の小と味噌汁に鯛の子煮付。メインのかやく御飯には、油揚げ、こんにゃく、牛蒡それと人参、どれも飯粒より小さく刻んである。ご飯は柔らかめで味付けはほんの少しだけ。いわゆる醤油めしとはまるで違う。味噌汁は赤味噌仕立にしたが、ここでは白味噌に生卵を落すのが定番らしい。
 初めての時、炊き込みご飯の具はこんなに小さく刻むものかと思っただけで、もう一度行こうとは思わなかった。正直言って今回の感想もあまり変わらない。いくら名店とはいえ味噌汁と御飯だけで770円もする。これなら鼎泰豊のチャーハンの方が…と思ってしまう。

かやく御飯440円、味噌汁330円、鯛の子605円とどれも結構なお値段
2022年1月7日(金)
吉川八幡神社にある阪急電車の先頭部分
 1年位前にテレビで阪急の古い車両を山の中の神社へ運び入れているのを見た。それが能勢電の終点、妙見口駅から近い吉川八幡神社だった
 その時搬入していたのが550号で、製造したアルナ工機で保管されていた先頭部を譲受けたのだった。以前からあった能勢電鉄の1552号(旧阪急2100系、2016年搬入)と並べて置かれた。
 2両とも運転室部分だけだが正月とあって初詣サボもどきのステッカーが貼ってある。保存状態は極めて良好で、普段はシートが掛けてあるという情報もある。
2022年1月5日(水)
今年の初詣は電車と馬がいる神社へ

古い阪急の電車と人懐っこい神馬
 コロナ禍でもあり初詣も混雑必至の有名社寺にはいきたくない。それで思い出したのが能勢にあるという電車がある神社。「阪急電車のある神社」で調べたらすぐに分かった。吉川八幡神社といい神馬がいることでも有名らしい。
 歴史は古いが社格は田舎の村社でとても神馬のいるような神社ではない。馬は日本在来種だそうだがポニーのように小さい。戦国時代の武将はこんな小さな馬に乗って走り回っていたのだ。
 三々五々やって来る参拝者は全員拝殿に招じ入れられ、神前で神主の祝詞とお祓いを受け、代表者が玉串を供える。一回15分位かかったがこんな初詣は初めてだ。
 お賽銭もまだ入れていないことに気付き、つい千円札を投入してしまった。カミさんと二人分ではあるがこんなに賽銭を出したのは初めて。なかなか商売上手な神社だが悪い気はしない。(1/2)
2022年1月3日(月)
雲の切れ間から顔を出した初日の出
 元旦の天気予報は曇りのち晴れだった。初日の出は期待できなかったが、東の空を見るとアンテナが立ち並ぶ生駒山の稜線付近に雲はあるもののその上は晴れている。
 不思議なことに青空から白いものがひらひら舞い落ちて来る。午前7時20分。いつもより少し遅れて、山の稜線ではなく雲の切れ間から今年初の太陽が顔をのぞかせた。(1/1)
2022年1月1日(土)
そろそろコロナと縁のない年になってほしい

世界一大きな信貴山朝護孫子寺の福虎
 世界中がコロナ禍に巻き込まれて2年になる。その間まったく遠出せず去年の10月にようやく2年ぶりの新幹線に乗った。もうそろそろ巣籠もり生活から解放してほしい。それが今度はオミクロン株とやらが流行の兆しを見せ、第6波も来るかもしれないという。不安材料を抱えたまま新しい年を迎えることになった。
Web雑記帳
HOME